ペット保険ステーション

FPC保険の保険詳細

FPC

FPCの当サイト限定キャンペーン情報

キャンペーン情報

FPC
対象期間
2018年8月1日~2018年8月31日
対象商品
㈱エレメントの運営する「ペット保険ステーション」で募集する株式会社FPCの「フリーペットほけん」
キャンペーン内容と対象者
対象期間中に(株)エレメントの運営する「ペット保険ステーション」より
(1)お申込みを頂きご成約された方の中から抽選で50名様いぬねこ健康手帳をプレゼント
(2)お申込みを頂きご成約された方の中から抽選で2名様にDyson V6 TOPDogをプレゼント
景品の発送時期
資料請求:資料請求時のパンフレットを送付する時に同封させていただきます。
ご成約:保険契約の成立後の保険証券を送付する時に同封させていただきます。
※当選の発表は賞品の発送をもってかえさせていただきます。

FPCのペット保険加入者限定サービス

FPCは現在、保険加入者限定サービスを実施しておりません。
予めご了承下さいますよう、何卒ご理解の程をお願い申し上げます。

特徴

FPC

FPCのペット保険の特徴

◆続けやすい価格設定

通常ペット保険というのもは、年齢が上がるごとに毎年保険料が上がってゆきます。
もともとそれなりの値段がしたものがさらに上がってゆくのは家計に厳しいですよね。
FPCの場合、もともとの若いときの保険料も安いですし9~11歳・12歳以上とある一定の年齢に達したらそれ以上、上がらない料金設定になっています。

分割月払いの場合

小型犬
4歳以下 1,590円
5~8歳 2,390円
9~11歳 2,390円
12歳以上 3,020円

中型犬
4歳以下 1,590円
5~8歳 2,390円
9~11歳 2,920円
12歳以上 3,640円

大型犬
4歳以下 1,590円
5~8歳 2,390円
9~11歳 3,200円
12歳以上 3,890円

4歳以下 1,590円
5~8歳 2,390円
9~11歳 2,390円
12歳以上 2,620円

終身で継続できるもの心強いですね。

◆通院や入院も補償

お金がかかるというと手術というイメージが強いと思いますが、なかなか完治しない病気になって通院する場合トータルでその通院費はかなり高額になります。薬代も全額負担となると、意外と高いものです。

長期的に家計を圧迫しかねないケースにも対応しています。若くして頻繁な通院が必要な病気になった場合、高齢になってもずっと通院は必要になりますし、高齢ゆえの新たな問題も出てきます。

通院・入院も補償されれば余裕をもって治療に専念できますね。

◆入院保険に限度日数はない

通常入院・通院・手術の回数はそれぞれきまっているものです。しかしFPCでは入院に関しては年間の限度日数を設けていません。日数は定められていませんが、入院してから退院するまでを1入院と数え、年間3入院までできます。

今までは長期の入院は補償されにくかったですが、FPCならそういった長期の入院でもしっかりと補償を受けることができます。

補償内容・契約条件

FPCお得な割引

FPCのペット保険申込可能動物

犬猫小動物鳥爬虫類

保険の対象になる動物が、家庭で愛玩用として飼育されている犬又は猫であること。
※身体障害者補助犬法(平成14年法律第49号)第2条(定義)に定める身体障害者補助犬(盲導犬、介助犬、聴導犬)を含み、興行用、闘犬、賭犬、猟犬は含みません。

FPCのペット保険保有プラン

【フリーペットほけん50%補償プラン】

補償割合 50%
年間最高補償額 85万円
通院 日額上限 12,500円
通院 限度日数 30日/年
入院上限 125,000円
入院 限度日数 3入院/年
手術 上限/1回 100,000円
手術 限度回数 1回/年

【フリーペットほけん70%補償プラン】

補償割合 70%
年間最高補償額 85万円
通院 日額上限 12,500円
通院 限度日数 30日/年
入院上限 125,000円
入院 限度日数 3入院/年
手術 上限/1回 100,000円
手術 限度回数 1回/年

FPCのペット保険の特約

特約・割引なし

FPCのご契約条件

生後30日以上の犬または猫、ただし初年度契約の場合は生後30日以上9才未満の犬または猫

血統書、ワクチン接種証明書または販売契約書付き、もしくは生体特定用マイクロチップを埋め込んだ犬または猫

家庭で愛玩用(ペット)として飼育する犬または猫

販売用、災害救助犬、興行用、闘犬用、賭犬、猟犬に当てはまらない犬または猫

お支払い事例

FPCのペット保険お支払事例

ケース1

FPC

種類:チワワ
加入プラン:フリーペットほけん
年齢:7ヶ月
症状:元気よくソファーから飛び降りた際、フローリングで滑ったらしく、とても痛がるので動物病院に行ったところ足を骨折していました。
結果:治療費108,200円


FPC

ケース2

FPC

種類:スコティッシュフォールド
加入プラン:フリーペットほけん
年齢:2歳
症状:元気もあまりなく、下痢が続くので受診。詳しく検査したところ細菌性の胃腸炎とのことで通院で治療することにしました。
結果:治療費46,800円


FPC

お客様の声

PS保険のペット保険加入者の声

男性 M様 (神奈川県県在住)
お客様の声

ペットの種類:トイプードル
ペットの年齢:3歳
加入プラン:フリーペットほけん
加入のきっかけ:先代の犬が病気になり、高額な治療費がかかっていたため。


前に飼っていた子が病気になって高額な治療費がかかってしまったので、『次の子は保険に入れよう』と考えていました。
しかし、最近ではペットの保険もたくさん会社があるのでどこにするか悩んでいました。 そんな時ふとネットでFPCのページを見かけて、とっても分かりやすいシンプルなプランだったので、FPCに決めました。
保険料も安く、保障内容も充実していますので、今は元気なわが子が今後ケガや病気になっても安心して病院に行けます。

女性 A様 (埼玉県在住)
お客様の声

ペットの種類:Mダックス
ペットの年齢:8歳、5歳、2歳
加入プラン:フリーペットほけん
加入のきっかけ:一番上の子がヘルニアになり、その手術に高額な支払いがあったため。


1番上の子がヘルニアになり、その手術でかなりの支払がありましたので、 保険に入った方がいいと思い他社の保険に加入して、2番目と3番目の子も同じ他社の保険に入っていました。
しかし3頭分のペット保険料は結構な出費だったので、安くていい保険がないかと探していたら、ネットでFPCさんの保険を見つけました。 3匹の合計金額だとかなりの金額差があり、すぐに乗り換えました。
また、FPCさんだと毎年保険料が上がり続けないので出費がおさえられて助かっています。

女性(30代)
お客様の声

ペットの種類:フレンチブルドッグ
ペットの年齢:4歳
加入プラン:フリーペットほけん
加入のきっかけ:以前の保険会社で一つ歳を取るごとに保険料が上がり家計に負担がくるようになったため。


以前入っていた保険会社では、一つ歳を取るごとに保険料が上がっていき家計に負担がくるようになりました。
特に我が家は大型犬を飼っていますが、大型犬はどこの会社も元々金額の設定が高いのです。 でもFPCは8歳まで全犬種同じ料金設定で、しかもその料金設定も安いのに補償も充実していたので、とても気になって問い合わせをしてみました!
電話の対応も丁寧で、補償内容などもよりわかりやすく説明して頂き加入を決めました!! やっぱり家計に優しい保険が良いと思いますね。

運営者情報

ペット保険ステーション キービジュアル「ペット保険に迷ったら、ペット保険ステーション」犬と猫が並んだ写真

Copyright © 2011 ELEMENT insurance. All Rights Reserved