ハムスターにお勧めのペット保険とは?

ハムスターとペット保険


ハムスター

ハムスターにペット保険?と思われる方も多いと思います。しかしハムスターは結構病気になりやすいです。短命なので保険に入るという選択をする人はまだ多くないかと思います。むしろあまり病院に行くイメージがないという方も多いかと思います。

ハムスターは病気であることを隠す動物なので、気が付いたときはもう手遅れという場合も多いです。どんなところに注意すればハムスターの病気に気が付くことが出来るのでしょうか?また、どれくらい治療費としてかかる場合があるのでしょうか?

→ハムスターが入れるペット保険はこちら

ハムスターのかかりやすい病気・腫瘍

ハムスターは腫瘍が出来やすいといわれています。腫瘍すべてがガンというわけではないですが、ガンであることもあります。ガンでなくとも大きくなり続ける場合があります。そうなると摘出手術が必要です。

日ごろからハムスターの体を触り、できものが出来ていないか確認しましょう。腫瘍には血管を巻き込んでいるものもあるので、手術が難しい場合があります。しかし場所によっては摘出できることがあります。悪性のガンだった場合は転移する前に取らなければなりません。

ハムスターは1歳を過ぎたころから腫瘍ができやすいといわれています。

皮膚表面なら2万円〜。体内で少し難しい場所なら5〜6万程度の手術費用が相場かと思います。ハムスターの状態と、必要な検査・その病院の入院費・診察費などそれなりに差があるのであくまで目安です。

小さいわりに高いなと思われるかもしれませんが、これくらいはするので覚えておきましょう。もし良性の腫瘍でなくガンだった場合、再発がないかもしらべなければならないので定期的な通院が必要になります。

ハムスターのかかりやすい病気・ニキビダニ

ニキビダニ自体は珍しくも何ともありません。私たち人間にも普通についています。むしろ動物でニキビダニがいない方が珍しいでしょう。健康であればなんともありません。しかしストレスなどで免疫力が低下しているときは、寄生部位が脱毛したりフケが多くなったりします。

基本的にいつも存在しているものなので、ニキビダニの完全駆除は難しいです。ただ飲み薬や注射、塗り薬などでニキビダニの数を減らします。また環境を清潔に整え、栄養を付け体力を回復させます。ニキビダニの数を減らすことは大切なのですが、それよりも本人の体力と健康状態を良い状態に持っていく方が大切です。

ストレスなどでの発症の場合、1ヶ月程度で改善が見られます。しかし、内臓疾患が来る体力低下の場合なかなか完治が難しいです。発症した原因を見極め根気よく、丁寧に治療してゆきましょう。

ハムスターのかかりやすい病気・ウエットテイル

ウエットテイルとは増殖性回腸炎の別名です。ハムスターのお尻が濡れているので気が付くことが多いです。どの品種でもなりえ舞うが、ゴールデンハムスターに特に多いといわれています。

激しい下痢をするのでお尻がびしょびしょに濡れています。お尻が濡れ、食欲がなく痩せている場合はこの病気を疑ってみましょう。

悪化すると下痢以外にも、直腸脱や腸閉塞などになります。命の危険もあるので、お尻が濡れているという症状を発見したらなるべく早く病院へ連れていきましょう。

主に細菌感染で発症します。カビや寄生虫・ウイルスなどが合わさって発症することもあります。元々感染していて、ストレスにより発症することが多いのでペットショップから引き取ってきたその日に発症するケースも多いです。

基本的には抗生物質や抗生剤を投与し、下痢を止めます。脱水がひどい場合は点滴などの処置も併せて行われます。体が小さい分脱水になると2〜3日でなくなってしまうかもしれない怖い病気です。たかが下痢と思わないで速やかな対処を行いましょう。

ハムスターのかかりやすい病気・骨折

ハムスターを金網のケージで飼育している人も多いかと思います。しかしこれは危険です。ハムスターは本来地面で生活しています。金網を上るのは上手ですが、降りすのはうまくありません。その為、足が引っ掛かった・落下したなどの理由で骨折することが多いです。

ハムスターが骨折した場合、複雑な折れ方でなければ自然治癒を目指す場合が多いです。ギプスを付ける場合ももちろんありますが、ハムスターが気にして噛んでしまう場合は何もつけずに狭いケージに入れくっつくのを待つ場合があります。うまくいけば2〜3週間程度でくっつく場合があります。

複雑骨折の場合ボルトを入れて固定します。ハムスターの場合骨折をしたりした場合、自分で自分の足をかみ切ろうとすることがあります。また、どうしても綺麗にくっつかずこのままいけばかえって体に負担がかかる場合はは切断することもあります。

手術の場合、おおよそ2万円からの手術になるかと思います。

ハムスターとペット保険

猫

ハムスターの治療は検査も含め4〜5万で収まることが多いかと思います。しかし頻繁に病院に通った場合、生涯でトータル10万以上かかる場合もあるようです。薬代などが高い場合は1回の治療で1万以上の金額になってしまいます。

3割負担の私たちよりはるかに高額です。
ハムスターは販売価格は安価ですが、ケージやごはん代など後々必要なものをそろえるなど飼育には結構費用がかかります。

予めそれらの費用を計算し、取り分けておくのもいいですし、もしもの時に備えてペット保険に加入しておくのもよいでしょう。保険に入って自己負担額が少なく済むなら、よりよい治療を選択できます。一度検討してみるのもいいかと思います。


犬(ワンコ)・猫(猫ニャン)・小動物等の種類について   犬(ワンコ)・猫(猫ニャン)・小動物等の病気について・その他
 
 

【ワンコの病気】

【猫ニャンの病気】

【コラム】

ご注意(必ずお読み下さい。)

  • ※掲載している比較内容は平成23年7月1日現在の内容です。
  • ※ペット保険を比較・検討される際は、保険料だけでなく商品内容全般についてご確認いただき、補償内容なども十分ご検討下さい。
  • ※当サイトに掲載している比較情報は、ペット保険募集代理店の株式会社エレメントが参考資料としてまとめたものです。
  • ※保険商品の全ての情報が記載されているものではありません。詳細や重要事項の説明等は、各社ホームページやパンフレットなどの商品資料よりご確認ください。
  • ※保険料は月払いの保険料を表示しております。年間一括払いのみ選択可能な保険商品は、年間保険料を12で割った月額換算の保険料を表示しております。
  • ※保険料は、お客様が選択可能なオプション特約は全て除いた上で表示しております。
  • ※保険料は、各種割引制度(多頭割引、福祉割引、WEB割引等)は適用しておりません。
  • 注)上記比較表の内容は損害保険代理店・少額短期保険代理店の株式会社エレメントが、ペット保険各社の商品を分かりやすくまとめたものです。ご契約の際は引受保険会社のパンフレット、webサイト等で商品資料をご確認の上、お申込みください。また、重要事項等の説明もあわせてご確認くださるようお願い申し上げます。

取扱い保険会社一覧

アイペット
アイペット
FPC
FPC
日本アニマル倶楽部
日本アニマル倶楽部
ペットメディカルサポート
ペットメディカルサポート
あうて
au損保
ペッツベスト
ペッツベスト
アニコム損保
アニコム損保
アクサダイレクト
アクサダイレクト
イーペット
イーペット
日本ペットプラス少額短期保険
日本ペットプラス
ペット&ファミリー
ペット&ファミリー

楽天少額短期保険

SBIいきいき少短

ご注意)当サイトは各社ペット保険の概要を説明しています。
ご契約の際は引受保険会社のパンフレット、webサイト等で商品資料をご確認の上、お申込みください。
また、重要事項等の説明もあわせてご確認くださるようお願い申し上げます。