フェレットの飼育と病気


フェレット

フェレットには「ノーマルフェレット」と「スーパーフェレット」の2種類に分けられています。
生まれてすぐに去勢・避妊、また臭腺を取り除く手術が完了したフェレットの事をスーパーフェレットと呼び、
ノーマルフェレットと比較して体が小さく、発情期の凶暴化や悪臭を防ぐ事ができます。
一般的には手術が済んでいるスーパーフェレットをショップで取り扱っています。
ノーマルフェレットは気性が荒く、噛み易い上に、発情期を迎えると更に凶暴化し、飼い慣らすのが難しいとされています。


フェレットの寿命

フェレットの寿命は短く6〜8年だと言われています。
4歳を過ぎると老齢期に入り、体調や生活面に大きく変化が訪れます。
フェレットは成長が早い分、寿命も短いのです。
ただしバランスの良い食事や生活環境を注意すると長生きできる場合もあります。
また病気の早期発見、早期治療が大切になります。

飼育の注意

・怪我・誤飲・感電・・・フェレットは危機管理能力の低い動物です。
高いところへ登るのは得意ですが、自分で降りてくることができません。また、目があまり良くないため、落下をするケースが多いです。
誤飲も多くなんでもすぐ口に含んでしまいます。
ビー玉やタバコの吸い殻、ボタン、医薬品などを飲み込んでしまうということも少なくありません。
加えてフェレットには噛み癖があり、電気のコードなどを噛んで感電してしまうケースも多々あります。
フェレットを飼育する際にはこういった面に関して、特に注意が必要です。

・予防接種・・・フェレットはリードをつけて散歩をすることができますが、その際にはジステンパーウイルスの混合ワクチンと、フィラリアの予防接種を行っておく必要  があります。
また、草むらなどではダニやノミに寄生される恐れがあるため、フェレットを屋外へ出した際には必ずシャプーをするようにしましょう。

・診療・・・フェレットは高齢期になると高確率で病気になります。ですが、フェレットを診察できる病院は非常に少ないです。家の近くにフェレットを診察してくれる動 物病院があるか、確認しておくことが大切です。
医療費に関しては、高齢期の医療費に加え予防接種等も必要となるため障害に渡り高額となるでしょう。

フェレットを飼育するにあたって、ペット保険は大きな助けになってくれると思われます。

フェレットのかかりやすい病気について

フェレットの病気において、呼吸器系疾患の中で最も多くみられるのがインフルエンザです。
人間のインフルエンザはフェレットに感染します。
ですので、フェレットのインフルエンザは家庭内で感染したものがほとんどになります。
インフルエンザは比較的治療費が安いものとなりますが、フェレットの病気は治療費が高額となるものが多いです。
下記ではフェレットのかかりやすい病気について紹介しているので参考にしてみてください。

病気 症状 平均治療費
風邪、インフルエンザ 発熱、発咳、鼻水、下痢、脱水症状、食欲不振、多臓器不全 1,000円
副腎腫瘍 脱毛、陰部の腫れ(メス)、排尿困難(オス)、気性が荒くなる、体臭がきつくなる 80,000〜150,000円
インスリノーマ 元気喪失、食欲低下、ふらつく、よだれを垂らす、痙攣、嘔吐、自立不能 70,000〜150,000円
リンパ腫 リンパ節の腫れ、咳、呼吸困難、食欲低下、体重減少、慢性の下痢、後ろ足の力がなくなる 抗ガン剤1回分:20,000円
(ガンが消滅するまで治療)
フィラリア症 疲労倦怠、咳、呼吸困難、腹水(お腹に水が溜まる) 現在調査中

※治療費はあくまで平均となりますので、病院によって異なる場合があります。
※上記の症状がみられたとしても、必ずしもこれらの病気であるとは限りません。

ペット保険の必要性

フェレットは好奇心旺盛な性格でケガが多い動物です。
落ちているものをすぐ口に含んだり、高いところからの落下も少なくありません。
ビニールや布などを口に入れてしまった際には、命に関わります。
最悪の場合、開腹手術となることも考えられます。
また、フェレットは体調の悪化などをなかなか表に出さない動物です。
病気の早期発見がしづらいということは、病気が治りにくいということにもつながります。
特にフェレットは高齢期にかけて病気のリスクが高い動物となり、かかりやすい病気は症状の大きなものが多いです。
検査や手術など、多数の治療が必要な病気が多いため、治療費が高額となるものがほとんどです。
10万円を超える治療が多いのも、高度な医療が必要な為と言えるでしょう。

寿命が短いと言われているフェレットですが、もちろん長く一緒にいたいと思いますよね。
病気にかかってしまってもしっかり治療をしてあげられるよう、ペット保険に加入されることをおすすめします。
ペット保険は医療費を保障してくれるので、フェレットが病気になってしまった場合でも必ずサポートになってくれます。
一緒に暮らすフェレットのために、ぜひペット保険への加入を検討してみてください。

フェレットが入れるペット保険のオンライン加入なら日本アニマル倶楽部


日本アニマル倶楽部ならオンライン加入OK!このページから保険申込ができます!(保険会社ページに移ります)

フェレットが入れるペット保険の比較はこちら

犬(ワンコ)・猫(猫ニャン)・小動物等の種類について   犬(ワンコ)・猫(猫ニャン)・小動物等の病気について・その他
 
 

【ワンコの病気】

【猫ニャンの病気】

【コラム】

ご注意(必ずお読み下さい。)

  • ※掲載している比較内容は平成23年7月1日現在の内容です。
  • ※ペット保険を比較・検討される際は、保険料だけでなく商品内容全般についてご確認いただき、補償内容なども十分ご検討下さい。
  • ※当サイトに掲載している比較情報は、ペット保険募集代理店の株式会社エレメントが参考資料としてまとめたものです。
  • ※保険商品の全ての情報が記載されているものではありません。詳細や重要事項の説明等は、各社ホームページやパンフレットなどの商品資料よりご確認ください。
  • ※保険料は月払いの保険料を表示しております。年間一括払いのみ選択可能な保険商品は、年間保険料を12で割った月額換算の保険料を表示しております。
  • ※保険料は、お客様が選択可能なオプション特約は全て除いた上で表示しております。
  • ※保険料は、各種割引制度(多頭割引、福祉割引、WEB割引等)は適用しておりません。
  • 注)上記比較表の内容は損害保険代理店・少額短期保険代理店の株式会社エレメントが、ペット保険各社の商品を分かりやすくまとめたものです。ご契約の際は引受保険会社のパンフレット、webサイト等で商品資料をご確認の上、お申込みください。また、重要事項等の説明もあわせてご確認くださるようお願い申し上げます。

取扱い保険会社一覧

アイペット
アイペット
FPC
FPC
日本アニマル倶楽部
日本アニマル倶楽部
ペットメディカルサポート
ペットメディカルサポート
あうて
au損保
ペッツベスト
ペッツベスト
アニコム損保
アニコム損保
アクサダイレクト
アクサダイレクト
イーペット
イーペット
日本ペットプラス少額短期保険
日本ペットプラス
ペット&ファミリー
ペット&ファミリー

楽天少額短期保険

SBIいきいき少短

ご注意)当サイトは各社ペット保険の概要を説明しています。
ご契約の際は引受保険会社のパンフレット、webサイト等で商品資料をご確認の上、お申込みください。
また、重要事項等の説明もあわせてご確認くださるようお願い申し上げます。