手術・入院特価型のペット保険のメリット

何にどれくらい必要?

ペット保険はさまざまなタイプのものが登場してきました。一度病気になってから加入した場合、その病気に関しては補償されないので入るならなるべく早い方がいいというのはよく言われます。しかし迷ってしまってなかなか決められない場合や必要最小限以上は必要ないと思っている場合、何かいい選択肢はないのでしょうか?かけようと思えばどこまでもお金を掛けることはできますが、ただお金を掛ければいいというものでもないですよね。もしもの時助けにはなるけど、普段の負担にならないちょうどいいプランはないのでしょうか?

本当に必要な物だけ

獣医療は全額自己負担となるので、ちょっとした治療でも自分の治療費と比べて高いなと感じるこ とが多いかもしれません。そのためもしもの時のためにとペット保険に加入する方が近年増えてき ています。ペット保険のほとんどが、入院・手術・通院の3つを保障しているものが多くあります。 万が一のことが起こったときは非常に助けになります。しかし、若い年齢の時は比較的病気になり にくいので保険を使う機会はケガをしたときなどが多いと思います。

手術の場合は1回の治療費が何十万、何百万となるケースもありそうなった場合は経済的に圧迫され ることになります。通院など比較的少額な治療費に関しては自分で支払えるけれどもしもの時は不 安と言う方には、治療費が多くなりがちな入院と手術に特化したペット保険がおすすめです。通院 など保障されない部分があるので、保険料が全て保障される保険に比べて割安になるという特徴が あります。

メインの保険の補佐としても

ペット保険は申告さえしていれば同じ時期に複数社の保険に加入することもできます。普通は乗り 換えの時などに、何も保険に入っていない期間が無いように今までの契約をひとまず残した状態で 別の保険を契約するという事に利用する場合が多いかと思います。

しかし、メインで使う保険会社のプランに少し不安があるときにより手厚い保障がほしい場合は、 欲しい部分に特化した保険をさらに契約するのもいいかと思います。最先端医療などより良い治療 をしようとするときは普通の保険のプランでは足りない時があります。そういったときの為に加入 するというのもてです。

どの保険にするか決めかねているとき

ペットブームにより、ペット保険は沢山出てきました。なので初めて選ぶ方はなかなか決められな いというのが本音だと思います。どの保険にもメリットデメリットがあり、人それぞれ良かった悪 かったなど口コミも割れるので 決めるのには非常に時間がかかるかもしれません。

いつどんな病気になるか分からないので、出来 れば迎え入れると同時に保険に加入するのが良いという場合もあるのですがゆっくり決めたいとい う場合もあるでしょう。 そういう場合は本当に困ったときに力になってもらえるように、でも保険料そのものは安くという 特化型の保険にひとまず加入しておくものいいかもしれませんね。

特化型を選ぶ際のポイント

入院・手術の特化型保険を選ぶ方は、超高額になったときの費用をしっかりと保障してほしいとい う方だと思います。特化型の保険といっても、年間保障金額や保障割合と言うものは存在します。 この時の設定金額によって自己負担が軽くなるかどうか決まります。

まず年間保障限度額が少ないと、沢山治療費が必要になった場合の保険で補償される分を使い切っ てしまうかもしれません。そうなるとその後何か起こったときは自分たちでどうにかしなければな りません。ご自身の飼育されているペットにもしものことがあったとき、今のかかりつけ医ではど れくらいかかるのか確認して十分な金額が設定されているか調べましょう。

保障割合についてもよく考える必要があります。例えば手術に100万掛かったとします。50%保障の 場合自己負担額は50万円です。もちろん保険が全くないよりはいいですが、結構高額な支払いとな りますね。全額自腹よりはずいぶん楽と思われる方もいるでしょうけれど、その補償割合でどれく らい負担が減るのかシュミュレーションしてみるのがいいかもしれませんね。

▲ページトップへ戻る

  • 注)上記比較表の内容は損害保険代理店・少額短期保険代理店の株式会社エレメントが、ペット保険各社の商品を分かりやすくまとめたものです。ご契約の際は引受保険会社のパンフレット、webサイト等で商品資料をご確認の上、お申込みください。また、重要事項等の説明もあわせてご確認くださるようお願い申し上げます。

取扱い保険会社一覧

アイペット
アイペット
FPC
FPC
日本アニマル倶楽部
日本アニマル倶楽部
ペットメディカルサポート
ペットメディカルサポート
あうて
au損保
ペッツベスト
ペッツベスト
アニコム損保
アニコム損保
アクサダイレクト
アクサダイレクト
イーペット
イーペット
日本ペットプラス少額短期保険
日本ペットプラス
ペット&ファミリー
ペット&ファミリー

楽天少額短期保険

SBIいきいき少短

ご注意)当サイトは各社ペット保険の概要を説明しています。
ご契約の際は引受保険会社のパンフレット、webサイト等で商品資料をご確認の上、お申込みください。
また、重要事項等の説明もあわせてご確認くださるようお願い申し上げます。