ペット保険ステーション キービジュアル「ペット保険に迷ったら、ペット保険ステーション」犬と猫が並んだ写真

12社から選べるペット保険比較サイト

大型犬にお勧めのペット保険とは何を比較して決めればいい?

犬

大型犬は食費やペット用品など、体の大きさゆえに沢山必要とし飼育するのにお金がかかります。治療費もそうです
大型犬は体が大きいゆえに心臓や関節に負担がかかります。若い時は力強く頼もしいのですが、病気になったときや老齢になったときは大変です。

治療費がかかる場面が多くなります。その時に備えてペット保険に加入しておくのが良いでしょう。大型犬にお勧めのペット保険とは何でしょうか?それぞれの保険会社のどこを見ればピッタリな保険かどうかわかるのでしょうか?

大型犬の保険料はどのくらい?

犬種別に細かく保険料を分けている会社も多いため一概には言えませんが、小型犬と比べて高くなっていることがほとんどです。大きさに関係なく同じという会社もありますが、どちらかというと少数派です。

小型犬との料金の開きは月数百円とさほど差が大きくない場合もあります。倍違うこともあります。さすがに倍違うとちょっと差が大きすぎなのではと思えてきますよね。

大型犬は無理に体を大きくしているので、確かに若いうちから病気やケガなどに悩まされたり、小型犬より早く老化する傾向にあります。薬も量が必要になります。そのためいくらか割高になっても仕方ありませんが、そこそこ高い保険料を払うことになるならしっかりと選びたいですよね。大型犬にお勧めのペット保険とは何でしょうか?どうすればうまく決めることができるのでしょうか?

大型犬に向いてる保険の選び方

何もこれは大型犬だけにいえることではないのですが、まずはかかりやすいであろう病気を洗い出しましょう。遺伝的や生まれつきの体形などからある程度危ないかなと思われる候補を絞り込みます。

その疾患などが補償の範囲になっている保険を探します。どれだけ探してもすべて賄えそうなものがない場合には、難しい手術など特に費用がかさむものが補償されるものを選びましょう。手術だけでなく通院なども手厚いほうが後々安心かと思います。

次に支払われる保険金の限度額を確認します。補償が100%あるものだとしても、限度額が少ないと2回目の手術などはほとんど自費で行うということになりかねません。なるべく限度額が高いものがいいと思います。このとき1日の支払い限度額や年間の支払い限度回数なども併せて確認しましょう。

また、手術・入院・通院が全て補償となっているペット保険であってもどういうとき補償されるのか確認しておいた方がいいです。これは入院の伴う手術の場合補償と言った条件がある場合があるからです。手術せずに入院だけでいいばあいや、通院すれば手術した後すぐに帰れる場合などいろいろあります。そのとき補償されるのかどうかは結構大切なポイントとなります。

手厚い補償で安い保険の注意点

保険は手厚いほうがいいですよね?できれば保険料が安かったらなおのことうれしいですよね。そういった保険を見つけた場合注意しなければならないポイントとは何でしょうか?それは一回の免責金額です。

免責金額とは何でしょうか?これはこの金額以上なら保険金を払いますよ。という保険金を払われる最低ラインのことです。この金額はまちまちなので何とも言えませんが、もし免責金額内に治療が収まった場合保険を利用することはできません。

免責金額が3千円で、治療が3千円以内だった場合は自腹です。こういった少額な出費が長期間続くようならこれらの免責金額が設定されている保険はあまり合わないでしょう。これらの制度を用いている保険は高額な医療の時役に立ちますが、それ以外の治療の時には損となります。

譲れないものをはっきりさせて

こまごました治療費や通院費をしっかり賄いたいのか、大きな手術の時経済的負担を減らしたいのかなど重きを置くポイントをはっきりさせておきましょう。本来ペット保険とは大きな出費を少しでも減らそうという感じのものです。手術の費用が100万を超える場合があるからです。ペット保険に加入していれば少なくとも半分は保険がききます(基本的に)

とにかく大きな出費だけはしっかりカバーできるようにしたほうがいいでしょう。慢性的な病気になる場合など考えればきりがありませんが、ダメージが多いくなるポイントはどこかをしっかり押さえそこをカバーできるものを選ぶと安心かと思います。

ご注意(必ずお読み下さい。)
※掲載している比較内容は平成29年4月24日現在の内容です。
※ペット保険を比較・検討される際は、保険料だけでなく商品内容全般についてご確認いただき、補償内容なども十分ご検討下さい。
※当サイトに掲載している比較情報は、ペット保険募集代理店の株式会社エレメントが参考資料としてまとめたものです。
※保険商品の全ての情報が記載されているものではありません。詳細や重要事項の説明等は、各社ホームページやパンフレットなどの商品資料よりご確認ください。
※保険料は月払いの保険料を表示しております。年間一括払いのみ選択可能な保険商品は、年間保険料を12で割った月額換算の保険料を表示しております。
※保険料は、お客様が選択可能なオプション特約は全て除いた上で表示しております。
※保険料は、各種割引制度(多頭割引、福祉割引、WEB割引等)は適用しておりません。

関連ページ

ペット保険を比較して愛犬に必要な保険を

ペット保険を比較する時注意したい補償範囲

パピーとシニアの必要補償を徹底比較

取扱保険会社


運営者情報