ペット保険ステーション キービジュアル「ペット保険に迷ったら、ペット保険ステーション」犬と猫が並んだ写真

12社から選べるペット保険比較サイト

歯周病など歯の病気は補償されるか?

DOG

ドライフードなど食べ物やあごの広さなどによって口の病気になることがあります。そういった場合ペット保険で補償されるのでしょうか?
人と一緒に生活していると、おやつなどを食べたりしますよね。歯の間に挟まりやすい物だと、口の中の汚れとして残ってしまうことがあります。

また、あごが小さいため歯並びが悪くなったりなど動物も歯の問題を多く抱える場合があります。状況にもよりますが、じっとしていることができない動物の口の中の治療は全身麻酔の場合もあります。そういった場合ペット保険は使えるのでしょうか?

歯周病の治療費はペット保険の対象範囲か

毎日歯磨きができればいいのですが、嫌がってうまくいかない。そもそも犬にそこまで歯磨きは必要ないのでは?などの理由からしっかりと歯磨きをしたことがないというケースは多いかと思います。

そういった背景もあり、成犬の実に80%近くが口腔内に何かしらの問題を抱えていると言います。これほどまでに一般的な問題ですが、歯周病などの口の中の治療に関してペット保険は適応にならない場合もあります。口腔内の病気に関しては基本的に対象外という対応のペット保険会社があります。

もちろん、歯周病やその他の口腔内の治療に関して補償をしているというペット保険会社もあります。しっかり歯磨きしていたつもりでも何らかの問題を抱える場合があるので、口腔内の治療を対象としているペット保険会社を選ぶとよいでしょう。

口腔内の治療を補償しているペット保険

窓口精算可能なペット保険アイコン

【補償対象】

歯周病、口腔腫瘍

窓口精算可能なペット保険アイコン

【補償対象】

全身麻酔下での歯科処置、歯や口腔 内に炎症等の症状がある場合

【補償対象外】

予防・ケア目的の場合

【補償対象外】

乳歯遺残、歯石取り、歯切り、不正咬合矯正

獣医師相談可能なペット保険アイコン

【補償対象】

歯周病(予防は対象外)

【補償対象外】

乳歯遺残、歯石取り

【補償対象】

乳歯遺残が直接的な原因となった傷病があり、その治療として抜歯した場合

【補償対象外】

乳歯遺残、歯列矯正、歯石除去

【補償対象】

歯周病の治療の一環として行われる歯石除去

【補償対象外】

歯周病予防を目的とした歯石除去

歯周病とは?

歯周病とは歯に付着した汚れの中の細菌が歯肉・セメント質・歯根膜・歯槽骨に対し炎症を起こる病気のことです。犬の唾液はアルカリ性が強いので、虫歯になることは少ないです。しかし歯周病になることは結構多いです。

ドッグフードなどは歯に付着しやすくそのまま汚れとして残ってしまいます。
食べ物の汚れは24時間で歯垢というぬめっとした垢のような状態になります。この段階でしっかり歯磨きで取り除ければいいのですが、歯と歯茎の境目など磨き残しが多くあります。そうすると2~3日で歯石という普通に磨いただけでは落ちない状態になります。

ココには非常に多くの菌が存在しています。それらの菌が口の中を荒らします。

症状
炎症がひどくなると痛みが伴い、口を触られるのを極端に嫌がるようになります。それ以上痛いと、食事をするスピードが遅くなりうまく食事ができない状態になります。

さらに進行すると膿が手出来ます。歯茎が膿んでくるだけでなく、骨が溶かされ顔の表面から膿が出てくることがあります。

口の中の骨が溶かされると、鼻の方にトンネルができてしまうことがあります。そうすると鼻血やくしゃみ、咳が出たりします。呼吸器に問題がなくともこうした状態になることがあります。

治療
レントゲンを取り骨の状態を確認します。そのうえで付着した歯石を全身麻酔を施し削り落としていきます。歯の根っこがなくなっていたり、歯が割れている場合は抜歯をしたり削ったりします。

現在はあまりにひどい場合は歯の温存より抜く方向で治療を進める場合が多いようです。

もし軽度で洗浄のみで済みそうな場合は1万円程度の治療費で済むことが多いようです。しかし、歯を抜く必要がある場合5万円程度はかかると考えるのがよさそうです。抜かなければいけない本数が多いとそれに応じて価格も上がるようです。

全身麻酔のための費用や、レントゲン費用など詳細をあらかじめ教えてもらうのがいいでしょう。

歯の治療はなかなかに難しく、もし傷をつけてしまうと余計に状態が悪化してしまいます。安いからここにするのではなく、歯科治療に力を入れている病院治療を受けることをお勧めします。

ウサギなどの不正咬合とは?

げっ歯類はとても硬い草を本来食べています。それらの草を毎日食べていると、歯がすり減ってきます。そのためげっ歯類の歯は永遠と伸び続けるようにできています。しかし、飼育している方の中には干し草の与える量が少なく柔らかい野菜やラビットフードなど作られたごはんを多く与えている人もいます。それらあまり硬くないごはんばかりを食べているとどうなるのでしょうか?

歯が削られることなく伸び続けてしまいます。伸びすぎた歯は口の中の皮膚に刺さり炎症を起こします。痛いだけでなく、伸びた歯が邪魔して口を閉じることができない場合もあります。この状態になるとごはんを食べることができません。硬いご飯を食べて歯が正常な長さに保たれていたので、ごはんを食べることができないと治療が必要になります。

前歯の場合は動かないように抑えて、パチンと歯を切ることができます。

しかし奥歯の場合は全身麻酔が必要になります。うさぎの口は小さく大きく開かせるのが難しいからです。一度で終わる場合もありまっすが、毎月治療が必要になる場合もあります。うさぎなどげっ歯類はこうした治療を受ける場合も多いので、もしペット保険を検討しているなら歯の治療に関して保険金が下りるか調べてみるのがいいでしょう。

予防のための歯石とりは基本的に対象外

もし歯科治療も補償するというペット保険であったとしても、虫歯や歯周病などはっきりした病名がない限り補償されません。歯石とりなど、全身麻酔が必要な他の治療と一緒に受ける飼い主さんが多いと思いますがそうした場合歯科治療とは認められないので自費負担となります。

歯の疾患は比較的多いとはいえまだまだ十分な補償を受けられない場合が多いです。与えるごはんは自分の飼育している動物種にとって適切か?歯磨きができる種類の動物なら、歯磨きを嫌がらないようにトレーニング出来ないかなど自衛も大切です。

ご注意(必ずお読み下さい。)
※掲載している比較内容は平成29年4月24日現在の内容です。
※ペット保険を比較・検討される際は、保険料だけでなく商品内容全般についてご確認いただき、補償内容なども十分ご検討下さい。
※当サイトに掲載している比較情報は、ペット保険募集代理店の株式会社エレメントが参考資料としてまとめたものです。
※保険商品の全ての情報が記載されているものではありません。詳細や重要事項の説明等は、各社ホームページやパンフレットなどの商品資料よりご確認ください。
※保険料は月払いの保険料を表示しております。年間一括払いのみ選択可能な保険商品は、年間保険料を12で割った月額換算の保険料を表示しております。
※保険料は、お客様が選択可能なオプション特約は全て除いた上で表示しております。
※保険料は、各種割引制度(多頭割引、福祉割引、WEB割引等)は適用しておりません。

取扱保険会社


運営者情報