ペット保険ステーション キービジュアル「ペット保険に迷ったら、ペット保険ステーション」犬と猫が並んだ写真

12社から選べるペット保険比較サイト

インコの性格と病気

インコはインコ科に属する約330種類の鳥の総称をよびます。種類や固体にもよりますが、保護色とは異なる鮮やかな色彩の羽毛をもつ種類がおおく、全国的に多く飼育もされています。
体の大きさや体重も種類によって様々ですが、大型のインコになるほど寿命も長くなります。
インコは非常に知能が高く、人間の幼児並みの知能を持つといわれているため、言葉を覚えたり、歌を歌ったりするインコもいます。
基本的には人に懐きやすく飼いやすいといえるでしょう。

インコが入れるペット保険の比較はこちら

■インコの性格

インコの性格は好奇心旺盛で遊ぶことが好きなため、人にもなつきやすいタイプが多く、訓練すれば人の手にも簡単に乗ってきます。喜怒哀楽がはっきりしており感情表現の豊かな姿はとても愛くるしいと人気です。
インコの種類でも性格は様々です。臆病で優しいタイプもいれば、積極的で気の強いタイプもいます。同じ種類のインコでも固体差があるといえます。
基本的には懐きやすいタイプが多いので安心して飼えるでしょう。

■インコのケア

インコは寒い場所が苦手なため、ゲージの気温を26~28℃に保つ必要があり、冬場は特に注意が必要です。ペットヒーターなども売っていますが、ヒーターを使う際はやけどしないように、インコが絶対に触れない場所におくことが必須です。
仲間はずれを嫌うインコは具合が悪い時も元気そうにみせます。仲間はずれが死に繋がるという世界で生きているため、必要以上にがんばってしまいます。そのため定期的に健康診断を受けておくと安心でしょう。
インコへの異常を感じたときはすぐにお医者さんに行きましょう。

■インコのかかりやすい病気について

インコは食べ物が胃に到達する前に、一度「そのう」という食道が袋状となった部分に食べ物を蓄えます。
健康なインコでもそのう内にある程度の細菌はいますが、そのう内の食べ物が腐ったり、細菌が増殖した場合にはそのう炎を引き起こします。そのう炎は免疫力が低下している時にかかりやすくなります。
下記ではそのう炎以外にも、インコのかかりやすい病気を紹介しているので参考にしてみてください。

そのう炎

症状: 嘔吐、食欲不振、口臭、頻繁なあくび

平均治療費:10,000〜15,000円

風邪

症状: 鼻水、くしゃみ、羽を膨らませる

平均治療費:7,000円

メガバクテリア症

症状: 嘔吐、メガバクテリア症、下痢、削痩

平均治療費:15,000円

※治療費はあくまで平均となりますので、病院によって異なる場合があります。
※上記の症状がみられたとしても、必ずしもこれらの病気であるとは限りません。

■ペット保険の必要性

インコが入れるペット保険があることをご存知ですか。
インコは丈夫で飼いやすいため人気のある動物ですが、病気になることもあります。特にオカメインコやコザクラインコは、ヒナから若鳥になるにかけて体調を崩しやすいと言われています。
しかし、体調の悪化を隠す習性を持っているため、気づいた時には深刻となっているというケースも少なくありません。
インコは一度病気にかかると治るまでに時間がかかり、病院での治療がないと治らない場合がほとんどです。完治するまで通院するとなると治療費は安いものではありません。
また、治療によっては10万円を超えるものもあります。
もしペット保険に加入している場合には、この治療費を100%や50%といった範囲で保障してくれます。インコの治療費で10万円と聞くと高いと思われるかもしれませんが、ペット保険を活用すれば十分に治療に専念できるでしょう。
ペットであるインコの病気に備えるためにもペット保険への加入をおすすめします。

インコが入れるペット保険の比較はこちら

関連ページ

ペット保険比較 インコのケアや病気

取扱保険会社


運営者情報