高齢なペットのための保険選びのPOINT

ペットの寿命と平均医療費

ペット医療の発達に伴い、入院や手術で治る病気も多くなりました。
しかし、当然ながら大きな病気になるにつれ、治療費も高額になっていきます。
年齢とともに上がるペットの医療費に対応するために、補償割合や補償範囲、年間最高補償額など、しっかり確認しましょう。

新規加入可能年齢(上限)
8歳未満 2社
9歳未満 3社
11歳未満 1社
13歳未満 1社
17歳未満 1社

保証の制限に注目!

高齢のペットのために保険を選ぶ際、特に注目してほしい点は補償割合年間最高補償額そして更新可能上限年齢などが挙げられます。 幼少期、手術や入院をしたことのない子であれば、「年間最高補償額」はあまり気にしないかもしれませんが、高齢のペットの手術や入院のリスクを考えると、補償額も多いに越したことはありません。 また、「更新可能上限年齢」については、多くの保険が終身で補償されるようなっていますが、一部の保険では上限が定められています。 医療の進歩により平均寿命が延びている今、いくつになっても補償される終身補償の保険の方が安心できるのではないでしょうか。

治療と家族の負担

治療して完治する病であれば、家族の負担は治療費と通院のみですが、ペットにも認知症や歩行障害など介護が必要になるリスクがあります。
人と同じく食事やトイレ、運動(歩行)、床ずれなどの介護が必要になる場合も多く、認知症に伴う夜鳴きや昼夜逆転、異常な食欲などにも頭を抱える飼い主さんが多いのが現状です。
医療は発達したものの、ペット介護に関しての発展はまだまだ時間がかかりそう。飼い主や家族のストレスを少しでも減らすために、そしてペットと今まで通り楽しく暮らしていくために、安心できる補償を吟味することが必要になるのではないでしょうか。

高齢でも入れるペット保険を探す

高齢ペット関連コンテンツ

高齢でも加入できるペット保険比較

ペットの「シニア(高齢)」ボーダーラインは何歳?

パピーとシニアの必要補償を徹底比較

取扱保険会社