12社から選べるペット保険比較サイト

シーズー

協調性があり始めての人でも飼い易い犬種です。ですが、健康管理などで注意しなければならないポイントがあります。確認してみましょう。

シーズーを飼うのに向いている人や家庭とは?

■温度管理をきちんとできる人

シーズーなど鼻がぺしゃんとつぶれているような犬種は、呼吸器が弱いです。そのため暑くなるとうまく呼吸ができなくなり非常に危険なのです。暖かくなる季節は、室温が暑すぎないかなど気を配ってあげましょう。
ケージで寝かせている場合、バリケンなど四方を壁に囲まれているものは中の温度が上がりやすいです。空調の状態にもよりますが、場合によっては網になっているケージに変えるなどしたほうがいいかもしれません。
屋外で活動する時も、ぜーぜーと呼吸するのが大変そうでないかなど注意を払いましょう。

■一緒に外で遊んであげられる人

シーズーはおっとりしていそうに見えますよね。しかし結構アクティブなんです。外で遊ぶのが大好きです。
小型犬だから家の中だけで遊んでいればいいよねと考えている方は向いていません。
あまり急激に運動させると心臓に負担がかかるので、避けなければなりませんがそのこのペースに合わせて適度に運動させましょう。
太りやすい犬種なので、運動は非常に大切です。社交的な性格なので、いろんな人や犬に会いに行ってみましょう。

■体調管理がしっかりできる人

先ほども書きましたが、シーズーは太りやすい犬種です。しかも食べるのが大好きです。非常においしそうになんでも食べてくれるので、ついおやつをあげすぎてしまいます。
ご家族で住んでいる場合、自分があげていなくてもこっそり誰かがおやつを与えていて全然痩せないということも多々あります。
おやつはほどほどにするとともに、普段与えるごはんをダイエット用に変えるなどしましょう。もちろんお散歩に行くのも忘れずに。
ちょっと丸いと可愛いからいいか、と言いたくなるかもしれません。しかし、もともとの体重が7kgほどの生き物が1kg太ったら、人間の割合で例えると10kg太ったということに相当します。
体にかかる負担を考え、脂肪でまるまるした体形になることの無いよう関わる人みんなで健康を考えてあげましょう。

■顔周りや被毛をいつもきれいにできる人

シーズーは毛はあまり抜け落ちないのですが、脂っぽい皮膚をしています。顔のしわにも汚れがたまります。パグと異なり、しわ部分の毛も伸びるので一度汚れるとなかなか落ちません。
温めたタオルなどで毎日拭くようにしましょう。体が脂っぽい場合は特にそうです。
ひどいようなら少し頻繁にお風呂に入れましょう。通常1か月に一回、もしくは2週間に一回というのが一般的です。ただ、洗浄力の弱い薬用シャンプーなどはもう少し短いスパンでお風呂に入れても油をとりすぎるということはありません。
お風呂に入るということは、犬にとってとても疲れることなのでできればあまり頻繁でないほうがいいです。
しかし、清潔さを保つ上でも獣医師さんと使うシャンプーや入浴頻度などをご相談のうえきれいな被毛を保ちましょう。

*シーズーなど鼻がつぶれている犬は、鼻に水を入れないようにするのが難しいです。しかし、気管に入ってしまうと危険なので少し難しいですが水は絶対入れないようにしましょう。スポンジなどにお湯をしみこませて、顔のところでスポンジを絞りお湯を少しづつかけていくなどすると必要なところだけ塗らせます。

■初めて犬を飼う人

ここまで読むといろいろ大変そうだと思われると思います。しかし、シーズーの性格そのものは非常に付き合いやすいです。
優しく協調性があり、ごはんの時は若干例外ですが基本的にほとんど吠えません。
しつけがしやすく、適度に遊んでくれます。一人でのお留守番も丸一日ほっとくのは避けるべきですが、きちんとできます。
綺麗に保つのは少し労力を要しますが、初めて犬を飼うという方に非常にお勧めのワンちゃんです。

シーズー 正しい飼い方・しつけ方  --生後3ヶ月まで

アイラブシーズー CONTENTS提供
株式会社ネコ・パブリッシング
「I Love シーズー」

明るく甘え上手。無駄吠えも少なく愛玩犬の定番として根強い人気のシーズー。小型だが骨格はがっしりとして上部。絹のように柔らかく豊かな被毛はさまざまなヘアアレンジにも対応する。
 シーズーの魅力を十分に伸ばし、心身ともに健やかに育てるために押さえておきたいポイントがある。
ここでは、家族に迎えたその日から生後1年までの成長期を中心とした基本的な飼い方を紹介しよう。

■■シーズーの “環境”

【迎える前までに用意しておきたいもの】
 何よりも第一に、犬を家族の一員として迎える心構えが必要。事前に家族とよく話し合っておこう。そしてサークル、ベッド、トイレをセットして安心して休める場所、いわゆる「ハウス」を用意し、トイレと寝場所の区別をつけやすいようベッドは箱型など段差のあるものが良いだろう。食器や水を飲む器、ドッグフードなども用意し、清潔な環境を整える。新しい環境に慣れさせるため、入手先で使っていたおもちゃなどがあればもらってくるのも方法だ。当日は気候を考えて準備をし、暑さや寒さには十分配慮して。

■シーズーの “食事&睡眠”

【慣れるまでは干渉しない】
 子犬は環境の変化に弱いので新しい環境に慣れるまでは、フードは出来るだけ入手先で食べていたものと同じもので同じ量を。急にフードが変わると胃腸障害を起こすこともある。緊張や不安であまり食欲がない場合は、整腸剤を併用するのも良い。   ---中略---   睡眠をたっぷりとることが十分な発育を促すので、人の出入りが頻繁ではない場所にサークルを置き、落ち着ける環境を作ってあげよう。可愛いからといって家族が代わる代わるのぞき込んで睡眠の邪魔をしないように。

■シーズーの “医学”

【ワクチン接種と健康診断】
 生後間もない時期での伝染病予防のワクチン接種は通常3回受ける。初回は生後6~8週目あたりに受け、その後1ヶ月程度あけて2回目、3回目と受けるが、迎え入れる状況や地域性にもよる。ワクチン接種の証明書(どんな種類のワクチンかも確認)を入手先からもらい、回数や種類は獣医師に相談するのが良い。動物病院に連れていくのは、迎えて1週間ほど経ち、新しい環境や飼い主に慣れてからに。同時に初回の健康診断もうけよう。心臓に雑音がないかどうか、聴診器でチェックしてもらうと安心だ。<

生後4ヶ月から1年までの正しい飼い方・しつけ方、他   「I Love シーズー2」

【CONTENTS】

  • ●知っておこう! シーズーの基礎知識
  • ●まんが シーズー誕生物語
  • ●シーズー最旬ヘアスタイルBest12
  •  お団子ヘアからロングまで
  • ●シーズーの正しい飼い方・育て方
  • ●こんな症状が見られたら・・・
  • ●知っておこう!暮らしのなかの基本のしつけ
  • ●災害時に備えて    ほか
関連ページ

ペット保険を比較して愛犬に必要な保険を

取扱保険会社