ペット保険ステーション キービジュアル「ペット保険に迷ったら、ペット保険ステーション」犬と猫が並んだ写真

モモンガに多い
病気やケガは?

黒く、つぶらで潤んだ瞳、そして小さな体が多くの人の心を掴み続けているモモンガは、ペットとしても大変人気です。

モモンガの
特徴・遺伝性疾患

ネズミ目リス科リス亜科モモンガ族に属する小型哺乳類であるモモンガは、滑空で飛翔するリスの仲間です。

体が小さいため飼育しやすく、大きくつぶらな瞳が愛らしく人気のペットとなっています。


SBIプリズム少短ならオンライン加入OK!このページから保険申込ができます!(保険会社ページに移ります)

身体的特徴

モモンガの性格や、身体的特徴を知ることは、モモンガと健やかな暮らしを過ごすための重要なポイントとなります。

モモンガは臆病者

モモンガは大変憶病で、大きな物音で命を落とすこともあるほど怖がりと言われています。

ですが、飼い主に心を開くと甘えん坊な一面を見せてくれるようになり、場所に慣れると活発に遊ぶようになりますから、少しずつ距離を縮めるようにしましょう。

飼い始めは嬉しくて、つい構い過ぎたくなりますが、それは逆にモモンガに警戒されるようになってしまいます。

慣れるまでは1日30分を目安に、手におやつを置いてあげる習慣をつける方法や、ポーチに入れて首から下げて散歩をするなどの時間を用意しましょう。

少しずつ、無理なくモモンガと仲良くなることができます。

夜行性なのでスキンシップは夕方以降がおすすめ

モモンガは夜行性ですから、スキンシップを図りたい時は夕方以降をおすすめします。

日中、眠たいモモンガを無理に起こして遊ぼうとすると、体調を崩すこともあるので、注意が必要です。

自分が触りたいから触るのではなく、モモンガの状態がいいタイミングを見極めて、遊ぶようにしましょう。

遺伝性疾患

モモンガの遺伝性疾患には、どのようなものがあるのでしょうか。

白内障

モモンガの眼球中心部分である水晶体が濁る白内障は、遺伝性の要因が強いとされています。

特に、若年性の場合は遺伝性白内障の可能性が高いので、モモンガのチャームポイントでもある大きくてつぶらな黒い瞳が白っぽく濁りだしたら、病院に連れていきましょう。

完治が難しい病気ですので、進行を遅らせるように対処療法していきます。

腫瘍

モモンガの腫瘍はあまり多くありませんが、高齢になると発症するケースもあります。

腫瘍の多くは遺伝的なものであり、一度腫瘍ができてしまうと手術が難しいため、アガリクスなどを使い免疫力をアップさせながら、進行を遅らせる必要があります。

飼育時に
気をつけたいポイント

モモンガを飼育する際に、気をつけるべきポイントにはどのようなものがあるでしょうか。

飼育時に気をつける事

モモンガは、飛膜を使って空を飛ぶ姿が印象的な動物です。

鳥のように高いところを飛ぶのではなく、木と木の間を飛び移るので、あまり高いところから滑空して骨折することがないよう、遊ぶエリアでは床にやわらかなクッションを置いてあげるようにしましょう。

生活面の注意点

モモンガは、偏食気味なところがありますので、バランスの良い食事を与えることが長生きの秘訣となります。

モモンガ専用フードは、栄養バランスという意味ではとても優れていますが、好まない子もいるので、飼い主として悩ましく感じることも多いでしょう。

そんな時には、モモンガが好きなフルーツの上にかけたり、ミルクでふやかして食べさせるのも一つの方法です。

好きな食べ物と一緒になら、喜んで食べてくれるケースも多くあります。

モモンガ用にサプリメントも販売されているので、必要に応じて与えるのもいいでしょう。

かかりやすい
病気・ケガ・治療費用

モモンガは比較的病気にかかりにくく、丈夫とされています。

そんなモモンガが、通院治療が必要となる病気には、次のようなものがあります。

かかりやすい病気 主な症状 治療費用
自咬合 自分のケガなどの違和感を取り除こうと、齧りすぎてしまう状態です。
四肢の先や肛門、生殖器を齧りやすい傾向にあります。
ストレスが引き金になるケースもあります。
精神安定剤を投与し、傷の具合によっては縫合手術をすることもあります。

必要となる治療費用の目安
〇投薬治療
3000円~5000円

〇手術
2万円~5万円
骨折 ドアに手を挟む、飛んでいて壁にぶつかるなどの思いがけないアクシデントで骨折するケースがあります。 骨折した場合は、手術を受ける必要があります。

必要となる治療費用の目安
〇手術
2万円~5万円

年齢別の注意点

モモンガは平均寿命が10年とされており、小動物の中では比較的長く生きるとされています。

モモンガの死因に繋がりやすいのは、どのようなことなのか、年齢別に見ていきましょう。

幼年期(0ヶ月~6ヶ月)

モモンガの幼年期に見られる病気に「コクシジウム」というものがあります。

コクシジウムという寄生虫が原因となり、成長遅延や下痢などの症状を起こします。

動物病院でサルファ剤を投与してもらえば、駆除することが可能です。

青年期(6ヶ月~2歳)

成長期のモモンガに、栄養素が不足すると栄養性疾患を引き起こすことがあります。

食事の選り好みが激しいモモンガが、栄養バランスを崩すと震えや脱毛、骨折などを引き起こすこともありますので、注意しましょう。

日ごろから、栄養が偏らないよう食事を与えることが大切です。

成年期(2歳~8歳)

ストレスが原因で、脱毛症を起こすことがあります。

環境の変化や、騒音が原因となり発症し、皮膚炎などは起こさない場合が多いため、症状が軽ければまずはその原因を取り除き、症状の改善を目指しましょう。

環境を整えることで、比較的すぐに症状を改善することが可能です。

高齢期(8歳以上)

クル病は、ビタミン不足やカルシウム不足、日光不足によりモモンガの骨が弱くなる病気です。

充分な栄養摂取が、クル病予防につながります。

高齢になると、モモンガの食の選り好みが激しくなり、飼い主もつい好むものをあげすぎてしまう傾向が出てきます。

また、日光浴をさせてあげる機会が減少するケースも多く、クル病を発症しやすくなります。

バランスの取れた食事、適度な日光浴が、モモンガの健やかな生活には必要不可欠であることを忘れてはいけません。

保険の選び方

ペット保険加入の際にぜひチェックすべき特徴をご紹介しますので、参考の上比較・検討してみてください。

また、自分の飼っているペットがどのような身体的特徴を持ち、どのような病気やケガに備えるべきかを理解しておくことも、大切です。

モモンガなどの小動物は、治療してくれる動物病院自体も犬や猫と比較すると少なく、ペット保険も同様に加入できる保険が限られているというのが現状となりますので、まずはモモンガが加入できる保険を探しましょう。

保険をピックアップしたら、以下のようなポイントをチェックしながら、加入する保険を選んでください。

また、補償内容を比較して、自分たちが本当に必要とする補償は何かを吟味し、適したペット保険を選ぶことも大切です。

ペット保険の選び方

モモンガがケガや病気をした時、動物病院で思っていた以上に費用が掛かり、治療を迷うことがないように、ペット保険に加入していざという時に備える方も増えています。

必要な治療を、迷うことなく受けられるようにしてくれるペット保険は、飼い主にとって心強い存在です。

〇保険加入対象動物になっているか

モモンガをペット保険に入れようと思っても、エキゾチックアニマルに分類されるモモンガが加入できる保険の数は限られているのが現状です。

まずは、モモンガが加入できるペット保険を探しましょう。

〇加入条件である設定年齢内に当てはまるか

ペット保険の選び方の第一ポイントが、加入条件の年齢制限の確認です。

加入条件には「〇〇才まで加入可能」などの条件が設定されています。

自分のペットが、その年齢に該当するかをチェックし、加入可能かを確認することからペット保険選びをスタートさせましょう。

せっかく気に入ったペット保険を見つけても、加入条件を満たしておらず加入できなくては、仕方ありません。

そのような事態を避けるためにも、ペット保険に加入するなら若いうちから入ることをおすすめします。

若いうちに加入することで、終身補償を受けることができ、保険費用を比較的安く抑えられるメリットがあります。

〇入院補償

入院補償には、日額上限や、何日以上の入院で補償されるなどの条件が設定されています。

ペット保険の選び方に迷ったら、自分たちがどの程度の補償を求めるかをよく考えましょう。

〇手術補償

大きなケガや病気をして、手術を受けることになった時に心強いのが手術補償です。

ペット保険の選び方として、大きなケガや病気に備えるか、日ごろの小さなケガや病気による通院に備えるか、というのも一つのポイントです。

手術費用は比較的大きな出費となりますから、思わぬケガや病気にも、医療費を心配せずに治療に専念することができるという点では、ニーズの高い補償となっていますが、自分たちに必要な補償かどうかはよく検討しましょう。

〇通院補償

ペット保険の中には、通院までカバーしてくれるものがあります。

入院や手術をするような大きなケガや病気ではないけれど、通院を複数回するケースもあるということを念頭において、必要な補償か否かを検討しましょう。

〇健康相談窓口

ペット保険によっては、電話やメールによる健康相談を受け付けているところもあります。

急なケガや病気で深夜に病院に連れていきたくても、夜間救急に行くほどの状態なのか自信が持てず、つい翌朝まで様子を見ようと判断してしまうケースも多いようです。

そんな時、電話やメールで相談できるというのは、大変ありがたいものです。

救急で病院に連れていく決意をするのは大変ですが、電話やメールでの相談は比較的気軽にすることができます。

こういったサービスは、大変特徴的なものされていましたが、その高いニーズを受け現在多くのペット保険で展開しているサービスとなっています。

保険を比較・検討する際には、こちらも選び方のポイントの一つとするのもいいでしょう。

保険料、補償内容の比較表

取扱保険会社
特徴 1.補償割合100%
2.各プランの保険料は年齢が上がっても変わりません
3.保障開始が早い
割引情報 福祉割引: 5%  
プラン名 グリーンプランⅡ オレンジプランⅡ ホワイトプランⅡ
月払い 4,230円 3,670円 1,910円
年払い 46,560円 40,400円 21,080円
入院保険金 日額10,000円まで
(年間60日まで)
日額8,000円まで
(年間30日まで)
日額10,000円まで
(年間30日まで)
通院保険金 日額5,000円まで
(年間60日まで)
日額4,000円まで
(年間30日まで)
-
手術保険金 1回90,000円まで
(年2回)
1回60,000円まで
(年2回)
1回150,000円まで
(年2回)
診断費用保険金 年間10,000円まで 年間10,000円まで 年間10,000円まで
最高補償限度額 109万円 49万円 61万円
お見積もり
お申込み
関連ページ

ペット保険を比較して小動物に必要な保険を

歯周病など歯の病気は補償されるか?

取扱保険会社