ペット保険ステーション キービジュアル「ペット保険に迷ったら、ペット保険ステーション」犬と猫が並んだ写真

12社から選べるペット保険比較サイト

オウム

■オウムが入れるペット保険

取扱保険会社

特徴 1.補償割合100%
2.各プランの保険料は年齢が上がっても変わりません
3.保障開始が早い
割引情報 福祉割引:5%

■ホワイトプラン

保険料 月払:1,760円
一括払:19,400円
補償内容 【入院保険金】:日額1万まで補償(年間30日まで)
【手術保険金】:一回12万まで補償(年2回)
【通院保険金】:なし
【診断書費用保険金】:年間1万円

■グリーンプラン

保険料 月払:2,300円円
一括払:25,310円
補償内容 『入院も手術も手厚く補償』
【入院保険金】:日額5000円まで補償(年30日まで)
【手術保険金】:1回3万まで補償(年2回)
【通院保険金】:5000円まで(年60日まで)
【診断書費用保険金】:年間1万円

オウムは全般的にずんぐりとした体つきをした中型から大型のとりでその大きさは体長30cm~60cm、体重300~1,200gにも及びます。
オウムは外観や知能、そして魅力的な個性のためペットとして飼育されていますが、ほとんどのオウムが並外れたつんざくような雄叫び声をもった非常ににぎやかなペットなため、一般的には小型のインコのほうがポピュラーで飼育しやすいペットとして人気です。

■オウムの性格

オウムは大抵飼い主や人に対して非常に感情豊かであり、好奇心もとても強いといえ、そのため世話には大変手間がかかることもあります。
飼育下のオウムは退屈でいることに苦しみやすくなりがちなので、心因的理由を溜め込まないためにも飼い主の理解が必要です。

■オウムのケア

オウムは社会性動物であり、その社会性欲求を満たすことは容易ではありません。
1羽でカゴに長時間入れられていたら苦痛に感じ、毛引き症の原因にもなりかねません。

■オウムの病気

クラミジア感染症(オウム病)・・・クラミジアの一種である最近によって起こる感染症で、人に移る病気であり、外部からの感染がほとんどです。
オウム病ならではの特徴を示す症状はなく風邪に似た症状で元気と食欲がなくなり、下痢などの症状も現れます。
獣医師による検査や早期発見で適切な治療を受けることが大切です。
ウイルス性羽毛疾患・・・すべての鳥に感染するウイルス性疾患です。
ウイルスが鳥の羽毛や嘴の細胞の増殖をさまたげ、羽毛の変形や、免疫不全や内臓疾患を引き起こし、死に繋がる恐ろしい病気です。定期的な検査を行い、外部からの感染を防ぎサプリメントなどで免疫力を高めることが大切です。
そのう炎・・・そのう内の餌が腐敗、最近が増殖すると炎症を引き起こします。
原因となる主な菌は、カビの一種であるカンジタやトリコモナスなどの原虫などです。
くさい嘔吐や口臭、生あくびなど、水をよく飲むようになります。
予防としては餌を清潔にたもち、免疫力を高めておくことが大切です。

取扱保険会社

  • アイペット
  • アクサダイレクト
  • アニコム
  • FPC
  • プリズムコール
  • PS保険
  • au損保
  • ペッツベスト
  • ガーデン
  • 楽天
  • ペット&ファミリー
  • 楽天

運営者情報

ペット保険ステーション キービジュアル「ペット保険に迷ったら、ペット保険ステーション」犬と猫が並んだ写真

Copyright © 2011 ELEMENT insurance. All Rights Reserved