外耳炎はペット保険でカバーできるか?

長引く可能性のある厄介な外耳炎はペット保険が使えるのでしょうか?


DOG

たれ耳の犬なら外耳炎になる可能性は高いです。体の構造もいくらか発症の原因になっているので、何度もなってしまう場合があります。そうなるとトータルの治療費は結構なものになってしまうかもしれません。一度の出費はほかの治療費より少ないとしても何度もあることならペット保険が適応されたらうれしいですよね。

しかし現状では十分ペット保険が適応されないようです。入院を必要としたりする治療の場合は補償しますよというものもあるですが、通常の治療では補償されない保険も多くあるようです。たれ耳の犬種の飼い主さんは加入前に一言確認するのがいいかと思います。


外耳炎の症状とは?

かゆがるため耳を掻こうとする。頭をよく振る。皮膚が赤くなりただれた状態となり、耳垢がたまり匂いが出るなどがあります。この時首をひっかいているように見えることがあるため、杭のまわっりの皮膚に問題があるのではと思われる方も多いです。首回りの皮膚に異常がないため、病院にかかるのが即なる場合があるので注意が必要です。ブルブルと首を振ったり、いつもと違う匂いがしたなどいくつか違いが出るので愛犬の状態を全体的に見る様にしましょう。

たれ耳の犬種の場合、耳を裏返して中や内側の状態を日ごろから確認しておきましょう。匂いや皮膚の色などに違和感を感じたら早めに病院に行きましょう。

原因
菌類・耳ダニ・アレルギー・ごみア耳の中に入るなどすることによって起こります。

治療法

初期あら耳に直接薬を垂らしていくと治ります。ダニが原因であれば駆虫薬を使います。かゆみがひどい場合は耳の中を洗ったり、飲み薬を使います。抗生物質の場合は3〜4週間ほど飲み続ける必要があります。また、耳の中の洗浄は一回では終らないので数回通院が必要になります。合計で1万円程度治療費としてかかる場合があります。

治りやすい初期状態で治療を期しできれば少ない治療で回復します。ただ、繰り返しなってしまうこともあるので外耳炎になりやすい種類の動物を飼育される方は保険の加入を検討しておいた方が後々便利かと思います。

一度なってしまってから保険に入っても、病歴がある場合その病気は補償対象外になってしまうのであらかじめご自身のわんちゃん・猫ちゃんが外耳炎になりやすい種類か調べておくのがいいです。

たれ耳の犬種の場合、首を振りすぎてしまうと耳の毛細血管が切れてしまい耳の皮膚の中に血や漿液が溜ってしまう場合もあります。初期であればたまった液体を簡単に抜くことが出来ますが、症状が重い場合手術の可能性もあります。なるべく早く気が付き、知慮が少ない状態で病院にかかるようにしましょう。

どんな動物でもなる危険が!

猫

動物病院に外耳炎になってくる動物種は犬が多いです。飼育頭数も多いのですし、体質的にもなりやすいのでそうなります。しかし、猫でもウサギでもそのほかの小動物でもなる可能性はあります。

頭を振ったり、首から上を気にするようなら耳に違和感があるのかもしれません。飼い主さんが耳の奥まで見るというのは難しいと思うので、何かいつもと違う気になる動きをしたら動物病院で診察してもらいましょう。

発見が遅ければそれだけ完治するまでに時間がかかります。なるべく早く見つけてあげたいですね。


犬(ワンコ)・猫(猫ニャン)・小動物等の種類について   犬(ワンコ)・猫(猫ニャン)・小動物等の病気について・その他
 
 

【ワンコの病気】

【猫ニャンの病気】

【コラム】

ご注意(必ずお読み下さい。)

  • ※掲載している比較内容は平成23年7月1日現在の内容です。
  • ※ペット保険を比較・検討される際は、保険料だけでなく商品内容全般についてご確認いただき、補償内容なども十分ご検討下さい。
  • ※当サイトに掲載している比較情報は、ペット保険募集代理店の株式会社エレメントが参考資料としてまとめたものです。
  • ※保険商品の全ての情報が記載されているものではありません。詳細や重要事項の説明等は、各社ホームページやパンフレットなどの商品資料よりご確認ください。
  • ※保険料は月払いの保険料を表示しております。年間一括払いのみ選択可能な保険商品は、年間保険料を12で割った月額換算の保険料を表示しております。
  • ※保険料は、お客様が選択可能なオプション特約は全て除いた上で表示しております。
  • ※保険料は、各種割引制度(多頭割引、福祉割引、WEB割引等)は適用しておりません。
  • 注)上記比較表の内容は損害保険代理店・少額短期保険代理店の株式会社エレメントが、ペット保険各社の商品を分かりやすくまとめたものです。ご契約の際は引受保険会社のパンフレット、webサイト等で商品資料をご確認の上、お申込みください。また、重要事項等の説明もあわせてご確認くださるようお願い申し上げます。

取扱い保険会社一覧

アイペット
アイペット
FPC
FPC
日本アニマル倶楽部
日本アニマル倶楽部
ペットメディカルサポート
ペットメディカルサポート
あうて
au損保
ペッツベスト
ペッツベスト
アニコム損保
アニコム損保
アクサダイレクト
アクサダイレクト
イーペット
イーペット
日本ペットプラス少額短期保険
日本ペットプラス
ペット&ファミリー
ペット&ファミリー

楽天少額短期保険

SBIいきいき少短

ご注意)当サイトは各社ペット保険の概要を説明しています。
ご契約の際は引受保険会社のパンフレット、webサイト等で商品資料をご確認の上、お申込みください。
また、重要事項等の説明もあわせてご確認くださるようお願い申し上げます。