ペット豆知識

ペットの病気や飼う時の注意点などペットの種類(犬種,猫種,小動物)ごとにまとめております!

犬の犬種別豆知識

ゴールデンレトリバー

ゴールデンレトリバーは
比較的飼いやすい犬種と
言われています・・・

柴犬

柴犬は比較的体が丈夫ですが気負付けるべき病気とは
何があるのか・・・

ダックスフンド

ダックスフンドを飼育するとき適している環境とは
どのようなものか・・・

チワワ

チワワは体の小ささゆえに
注意しなければならないことがあります・・・

トイ・プードル

飼育時に注意すべきポイントがあります。トイプードルに必要なお手入れとは・・・

マルチーズ

マルチーズは少しデリケートな面もあります。
注意点を見てみましょう・・・

ミニチュア・シュナイザー

活発で遊びがいのある犬種。飼育環境はどのようなものにすればいいのか・・・

シーズー

協調性があり飼い易い犬種。健康管理などで注意しなければならないポイント・・・

フレンチ・ブルドック

フレンチブルは皮膚が弱いなど飼育するうえでの
ポイントとは・・・

パグ

どんな人とでも仲良くなれる性格のパグ。そんな彼らの暮らしやすい環境・・・

ポメラニアン

体が弱い部分もあるのであらかじめどんな不調に陥りやすいか・・・

ヨークシャー・テリア

かわいらしさと芯の強さも併せ持つこの犬種を飼育するときのポイント・・・

パピヨン

犬種別のIQテストで上位に入るほどの知能の持ち主
パピヨンとは・・・

ねこの猫種別豆知識

スコティッシュフォールド

丸っこいシルエットとシンクロするように性格も穏やか。どんな性格・・・

マンチカン

マンチカンはその元気をうまく発散できるような
飼育環境が必要・・・

ソマリ

ゴージャスな見た目のソマリ。どのような性格の猫なのでしょうか・・・

ノルウェージャン
フォレストキャット

堂々たる性格の猫です。飼うのに適した人や飼育環境とはどのようなもの・・・

アビシニアン

見た目とは裏腹に、甘えん坊です。そんな彼らとはどのように接するのが・・・

ロシアンブルー

宝石のような瞳を持つ美しい猫です。比較的飼い易い
猫種です・・・

ペルシャ猫

野性味のあまりない猫種で、しっかりと手入れをしてあげる必要があり・・・

アメリカンショートヘア

運動神経抜群の猫たちです。日頃の飼育やケアは
どのようにすべきか・・・

ブリティッシュショートヘア

丸みを帯びた見た目が可愛らしく「テディベアのような猫」と言われることも。

ベンガル

ワイルドな外見とは裏腹に人懐っこく可愛らしい性格の猫です。

メインクーン

大柄な見た目とは裏腹に性格はとても優しい猫種です。

ラグドール

まるでぬいぐるみのような愛らしい見た目をした猫たちです。

日本猫

その名の通り日本人に長く親しまれている日本原産の猫です。

小動物の種類別豆知識

うさぎ

診察・手術・治療が難しいため一度病気になってしまうと大変なうさぎ・・・

フェレット

フェレットは成長が早い分老化も早い。どんなことに気を付けて飼育・・・

チンチラ

かわいらしい動物です。
少し特殊な環境を用意して
あげる必要があります

ハリネズミ

体温管理がうまくいかないと大変!どのようなことに注意して飼育すれば・・・

リス

外来種の為、許可を得て飼育しなければならないなど
少し特殊な動物・・・

モモンガ

診察してくれる病院を探すのが大変なモモンガの病気にはどのようなもの・・・

モルモット

意外とデリケートな生き物。飼育時の注意点にはどのようなものが・・・

ハムスター

種類によって性格などが大きく異なります。また病気になったとき治療が・・・

イグアナ

最大で全長180pにもなります。そんな大型の動物と
どう接すればいいの・・・

カメ

しっかり飼育できればとても長生きします。カメに配慮して上手に育て・・・

ジュウシマツ

一緒のかごで複数飼育しても喧嘩しないことから十姉妹とつけられました・・・

インコ

インコは人間の言葉を復唱することで有名で、とても懐くため飼いやすい・・・

サイチョウ

頭が特徴的なサイチョウ、
大きいものだと全長160p
にもなります

ブンチョウ

人間に馴れやすく飼いやすいとブンチョウの飼育時の
注意点とは・・・

ヨウム

ヨウムは平均寿命が50歳と
とても長く、近年では日本産も増加傾向・・・

オウム

鳥の中では比較的大型の鳥ですが、オウムを飼う場合何を気を付ければ・・・

病気や怪我の豆知識

結膜炎

猫がかかる病気として「結膜炎」は第2位に挙がるほど猫がかかりやすい・・・

下痢

重症なものになると命に関わる危険な状態になることも・・・

皮膚炎

重症なものになると命に関わる危険な状態になることも・・・

腎不全

高齢猫の死因の第1位にあげられ、猫の宿命とも言われている病気・・・

外耳炎

犬や猫などがかかる病気として最も代表的なものの一つが「外耳炎」・・・

歯周病

フードが食べられなくなったりと、健康を脅かす事態になってしまう・・・

ヘルニア

特に通院や入院、手術が多くなりがちな「椎間板ヘルニア」は補償の対象・・・

白内障

特に高齢犬の白内障は年々増加しており、最終ステージにまで達すると・・・

僧帽弁閉鎖不全症

初期症状が現れにくく、早い段階で発見する・・・

甲状腺機能亢進症

一度発症してしまうと完治することはなく・・・

膀胱炎

遺伝子関係なくなる可能性があるのが膀胱炎・・・

尿路結石症

尿路結石症にかかると、尿路が詰まったり・・・

膝蓋骨脱臼(パテラ)

膝蓋骨脱臼は動物の後ろ足の膝にある膝蓋骨(しつがいこつ)という骨が・・・

糖尿病

糖を取り込むホルモンの働きに異常が起こることが原因で、体重減少や・・・

腎臓病

腎臓病は腎臓の機能が衰え、最終的には機能しなくなってしまう・・・

胃腸炎

ペットが胃腸炎にかかると、嘔吐・下痢・食欲低下など人間の胃腸炎・・・

心臓病

一口に心臓病といってもいろいろな種類のものがあり、犬と猫では・・・

骨折

一口に骨折といっても折れてしまう場所は足、骨盤、顔面、背骨など・・・

ご注意(必ずお読み下さい。)

  • ※掲載している比較内容は平成23年7月1日現在の内容です。
  • ※ペット保険を比較・検討される際は、保険料だけでなく商品内容全般についてご確認いただき、補償内容なども十分ご検討下さい。
  • ※当サイトに掲載している比較情報は、ペット保険募集代理店の株式会社エレメントが参考資料としてまとめたものです。
  • ※保険商品の全ての情報が記載されているものではありません。詳細や重要事項の説明等は、各社ホームページやパンフレットなどの商品資料よりご確認ください。
  • ※保険料は月払いの保険料を表示しております。年間一括払いのみ選択可能な保険商品は、年間保険料を12で割った月額換算の保険料を表示しております。
  • ※保険料は、お客様が選択可能なオプション特約は全て除いた上で表示しております。
  • ※保険料は、各種割引制度(多頭割引、福祉割引、WEB割引等)は適用しておりません。
  • 注)上記比較表の内容は損害保険代理店・少額短期保険代理店の株式会社エレメントが、ペット保険各社の商品を分かりやすくまとめたものです。ご契約の際は引受保険会社のパンフレット、webサイト等で商品資料をご確認の上、お申込みください。また、重要事項等の説明もあわせてご確認くださるようお願い申し上げます。

取扱い保険会社一覧

アイペット
アイペット
FPC
FPC
SBIプリズム少短
SBIプリズム少短
ペットメディカルサポート
ペットメディカルサポート
あうて
au損保
ペッツベスト
ペッツベスト
アニコム損保
アニコム損保
アクサダイレクト
アクサダイレクト
イーペット
イーペット
日本ペット少額短期保険
日本ペット
ペット&ファミリー
ペット&ファミリー

楽天少額短期保険

SBIいきいき少短

ご注意)当サイトは各社ペット保険の概要を説明しています。
ご契約の際は引受保険会社のパンフレット、webサイト等で商品資料をご確認の上、お申込みください。
また、重要事項等の説明もあわせてご確認くださるようお願い申し上げます。