ハリネズミが入れるおすすめペット保険

ハリネズミが入れるペット保険のオンライン加入なら日本アニマル倶楽部


日本アニマル倶楽部ならオンライン加入OK!このページから保険申込ができます!(保険会社ページに移ります)

ハリネズミが入れるペット保険

取扱保険会社 日本アニマルクラブ
特徴 1.補償割合100%
2.各プランの保険料は年齢が上がっても変わりません
3.保障開始が早い
割引情報 福祉割引:5% 


プラン名 グリーンプランU オレンジプランU ブループランU ホワイトプランU
保険料 月払い 4,230円 3,670円 2,270円 1,910円
年払い 46,560円 40,400円 24,940円 21,080円
補償内容 入院保険金 日額10,000円まで
(年間60日まで)
日額8,000円まで
(年間30日まで)
日額5,000円まで
(年間20日まで)
日額10,000円まで
(年間30日まで)
通院保険金 日額5,000円まで
(年間60日まで)
日額4,000円まで
(年間30日まで)
日額3,000円まで
(年間20日まで)
-
手術保険金 1回90,000円まで
(年2回)
1回60,000円まで
(年2回)
- 1回150,000円まで
(年2回)
診断費用保険金 年間10,000円まで 年間10,000円まで - 年間10,000円まで
最高補償限度額 109万円 49万円 16万円 61万円
お見積もり・お申込み
※保険会社サイトへジャンプします


フェレット

ハリネズミはネズミの仲間と勘違いされがちですが、どちらかというとモグラの仲間です。
明るいところは苦手で、ストレスに弱い動物です。
まだまだ飼っている人は少なく、慣らすのも難しく時間がかかりますが、
きちんと慣らすことが出来れば飼い主の匂いや声を覚え、手のひらに乗せたり、抱きかかえる事ができます。
また慣らすことでハリネズミの健康管理をきちんと行う事が出来ます。
ハリネズミの寿命は5〜10年と言われていますが、飼育次第ではそれ以上長く生きる事もあります。
身体についている針の数は6000〜7000本と言われており、この針は威嚇しているときや、
衝撃を和らげるクッションの役割も果たしています。


ハリネズミのケア

ハリネズミはストレスに弱い生き物なので、病院に行き診察するだけでストレスになります。
加えて病気についても分からない事が多く、診察して貰える病院が少ないのが現状です。
毎日様子を見てあげ、病気にならないようにしてあげる事が大切です。
<健康管理に使用するもの>
・体重計・・・定期的に測り、急に増えたり減ったりしてないか確認しましょう。
・温度・湿度計・・・ハリネズミは暑さ・寒さに弱く、温度は24〜29度、湿度は40%が最適です。
・プラスチックケース・・・ハリネズミを下から見るときにプラスチックケースがあると便利です。
            しこりや腫れがないか、また肛門や生殖器の周りが汚れていないか確認しましょう。
・手袋・・・威嚇して針を立ててしまった時に使用します。
・爪きり・・・犬猫用でも利用できます。定期的に切ってあげましょう。

冬眠・夏眠

野生のハリネズミは冬眠をしますが、ペットのハリネズミにとって冬眠は生死に関わる問題です。
気温が20度以下、または29.5度以上になると冬眠または夏眠してしまいます。
温度管理を失敗すると、ペットのハリネズミは冬眠や夏眠をせずいきなり冬眠状態に入ってしまう為、
栄養を蓄えておらず、眠ったまま死んでしまう事になりかねません。
また、ハリネズミの食事量が減ったり、動きが鈍く元気がなくなってきたら、冬眠・夏眠に入る可能性がありますので、
環境や温度管理を見直してあげましょう。

ハリネズミの主な病気

・ダニ症・・・針の付け根や目の周りによく起こり、脱毛や針が抜け落ちます。
       ケージ内を清潔に保つようにしましょう。
・腫瘍・・・ほとんどは悪性のガンである事が多く、平均発症は3.5歳と言われています。
       原因は遺伝や環境、加齢と言われています。毎日の健康管理で早期発見することが1番大切です。
・歯周病・・・高齢になると起こりやすくなり、最近が血流に乗り肝臓や腎臓など内臓疾患を引き起こす事もあります。
      硬さのあるフードは歯石を取る役割をするので食べさせたり、かじって遊ぶおもちゃを与えると予防できます。
・ハリネズミふらつき症候群(WHS)・・・神経系の病気で、致死率が高く原因・治療法は未だ解明されていません。
      通常後ろ足から発症し、全身に広がり、発症から18〜25ヶ月で亡くなると言われています。
      ハリネズミにとってストレスのない環境や、良い食事、適度な運動が予防に繋がります。

犬(ワンコ)・猫(猫ニャン)・小動物等の種類について   犬(ワンコ)・猫(猫ニャン)・小動物等の病気について・その他
 
 

【ワンコの病気】

【猫ニャンの病気】

【コラム】

ご注意(必ずお読み下さい。)

  • ※掲載している比較内容は平成23年7月1日現在の内容です。
  • ※ペット保険を比較・検討される際は、保険料だけでなく商品内容全般についてご確認いただき、補償内容なども十分ご検討下さい。
  • ※当サイトに掲載している比較情報は、ペット保険募集代理店の株式会社エレメントが参考資料としてまとめたものです。
  • ※保険商品の全ての情報が記載されているものではありません。詳細や重要事項の説明等は、各社ホームページやパンフレットなどの商品資料よりご確認ください。
  • ※保険料は月払いの保険料を表示しております。年間一括払いのみ選択可能な保険商品は、年間保険料を12で割った月額換算の保険料を表示しております。
  • ※保険料は、お客様が選択可能なオプション特約は全て除いた上で表示しております。
  • ※保険料は、各種割引制度(多頭割引、福祉割引、WEB割引等)は適用しておりません。
  • 注)上記比較表の内容は損害保険代理店・少額短期保険代理店の株式会社エレメントが、ペット保険各社の商品を分かりやすくまとめたものです。ご契約の際は引受保険会社のパンフレット、webサイト等で商品資料をご確認の上、お申込みください。また、重要事項等の説明もあわせてご確認くださるようお願い申し上げます。

取扱い保険会社一覧

アイペット
アイペット
FPC
FPC
日本アニマル倶楽部
日本アニマル倶楽部
ペットメディカルサポート
ペットメディカルサポート
あうて
au損保
ペッツベスト
ペッツベスト
アニコム損保
アニコム損保
アクサダイレクト
アクサダイレクト
イーペット
イーペット
日本ペットプラス少額短期保険
日本ペットプラス
ペット&ファミリー
ペット&ファミリー

楽天少額短期保険

SBIいきいき少短

ご注意)当サイトは各社ペット保険の概要を説明しています。
ご契約の際は引受保険会社のパンフレット、webサイト等で商品資料をご確認の上、お申込みください。
また、重要事項等の説明もあわせてご確認くださるようお願い申し上げます。