インコが入れるおすすめペット保険

インコは可愛らしく鮮やかなビジュアルで人気が高く、比較的古くからペットとして親しまれてきました。

人の声真似をするキュートな姿や、人懐っこい性格が特徴のインコと、長く健やかな時を過ごすために、知っておくべきインコの特徴や、飼育する際に注意すべきポイントをみていきましょう。

インコの特徴・遺伝性疾患

インコはオウム目インコ科の鳥です。

日本でペットとして親しまれているセキセイインコの羽毛は青や緑、黄色など大変華やかなのが特徴です。

身体的特徴

インコは比較的小さめで、家庭でカゴ飼いしやすいことからペットとして長く愛されてきました。

飼い主が愛情を注いでくれていることをインコはきちんと理解し、懐くようになりますので、日ごろから話しかけ、コミュニケーションを図るようにしましょう。

遺伝性疾患

近親交配した場合、代表的な遺伝性疾患には、短命や疾患抵抗性の減少などの遺伝的疾患を持っていることがあります。

ですが、インコは遺伝性疾患をあまり持たない特徴がありますので、安心してください。

飼育時に気をつけたいポイント

インコを飼育する際には、どのようなポイントに注意すべきなのでしょうか。

飼育時に気をつける事

インコの生まれ持った体質や特徴を知り、インコにとって快適な環境を整えましょう。

温度管理は重要なポイント!

インコの平均体温は、約42度前後と高めになっているため、日本の気候は比較的インコにとって厳しいものとなります。

年齢によって、インコの過ごしやすい気温も違ってきますので、その点も踏まえた上で温度調整するようにしましょう。

誕生から1歳に満たないヒナ、7歳以上のシニア世代のインコにとっての適温は25度から30度、1歳から6歳の世代は20度から25度、病気の時は30度に室温を保つようにしましょう。

若く元気なうちに、冬の寒さに少し慣らしながら、抵抗力を鍛えるというのも一つの方法です。

とはいえ、厳しい冬を乗り越えるためには、設備を整えることも重要です。

ペットショップで専用の電球式ヒーターや、カゴのサイズに合わせたビニールカバーも販売されていますので、上手に活用してインコが快適に過ごせるよう工夫しましょう。

インコはよく眠る

インコは一日平均12時間ほど眠る特徴があります。

夜眠る時には、カゴに布をかけ、静かな場所に移動してあげましょう。

インコは昼夜問わず睡眠をとり、夜でも起きていることがありますから、夜に鳴くこともあります。

そういった声が近所に届いてしまい、インコを手放さなくてはいけないことがないように、鳴き声を抑えるためにも布をかぶせるのはインコの声のボリュームを落とす意味でも、インコを睡眠にいざなうためにも有効な手段です。

生活面の注意点

インコが快適に過ごすために、気をつけるべきポイントは次のとおりです。

インコは運動が大好き!

インコは、カゴの中だけで生活をしていると運動量が不足してストレスが溜まり、体調不良の引き金となることもあります。

毎日、30分程度はカゴから出して、好きなように遊ばせてあげる「放鳥」の時間を設けましょう。

 

ただ、インコを部屋の中で自由に遊ばせるためには、注意すべきポイントがあります。

まず、インコは放鳥されている間、ずっと飛び回っているわけではありません。

床を歩き回って遊ぶこともあります。

飼い主が不注意で踏んでしまい、ケガをさせてしまう事故もありますので、十分に注意しましょう。

また、ドアの隙間に挟まってケガをすることがありますから、放鳥をする間は注意が必要です。

 

また、窓の隙間やベランダからインコが逃げてしまうと、二度と帰ってくることができません。

インコを放鳥している間は、注意深く過ごすようにしましょう。

インコは体調不良を隠す習性がある

インコは元々野生の鳥ですから、天敵から身を守るために体調が悪くてもそれを隠す習性があります。

食欲がなくてもエサを食べるふりをしたり、元気な素振りを見せるので、インコの病気に気づくのは大変困難です。

目に見えて様子がおかしいと分かる状態になってから病院に行っても、手遅れになるケースも多くありますから、少しでもおかしさを感じた場合は様子を見ずにすぐに病院に連れていきましょう。

かかりやすい病気・ケガ・治療費用

インコがかかりやすい病気やケガには、どのようなものがあるのでしょうか。

その治療費も含めて、チェックしておきましょう。

かかりやすい病気 主な症状 治療費用
腹壁ヘルニア 腹壁ヘルニアは、腹部にある筋肉の裂け目から皮膚の下に内臓が出た状態で、腹部膨張により発見されることが多くあります。
レントゲン検査、バリウム検査、超音波検査で診断するのが一般的です。
脱出している臓器を戻し、筋肉が避けている箇所を縫合します。

必要となる治療費用の目安
〇手術費用
5万円〜10万円
腫瘍 腹部が膨張するなどの症状が出て、初めて気づくケースが多いのが腫瘍です。 摘出手術は困難な場合も多くあり、それぞれの状態と飼い主の治療方針とで治療方法が決ま
ります。
状況によって、投薬治療、もしくは外科手術で腫瘍を取り除きます。
必要となる治療費用の目安
〇投薬治療 5000円〜10000円
〇外科手術 3万円〜5万0円

年齢別の注意点

インコの一生は「ヒナ期」「幼鳥期」「中ヒナ期」「若鳥期」「繁殖適応期」「高齢鳥期」の6つの時期に分けられます。

それぞれの時期になりやすい病気について、見ていきましょう。

ヒナ期(生後35日まで)

ヒナはとても弱く、抵抗力がありません。

栄養不足に陥ると抵抗力がつかず、カビや常在菌などに負けてしまいます。

エサを成長に合わせて段階的に変えるなど工夫をして、健やかな成長をサポートしましょう。

幼鳥期(生後5ヶ月まで)

トリコモナス症という病気が、インコのヒナにはとても多い傾向にあります。

これは「トリコモナス原虫」という害虫が、ヒナに大量に発生してしまう病気です。

鳥自身に体力がある場合は罹患しても助かる可能性がある病気ですが、病院での治療が必須となります。

注意深く見守り、くしゃみや鼻水、涙目、嘔吐動作、食欲減退などの症状が見られたら速やかに動物病院を受診しましょう。

若鳥期(生後10ヶ月まで)

若鳥期には、疥癬症にかかりやすい傾向にあります。

疥癬症は、羽毛の生えていない部分に病変を起こしますが、通院して薬を塗布することで症状を改善することができますので、症状が悪化しないうちに通院しましょう。

繁殖適応期(生後1年から4年)

カルシウムやビタミンが不足すると、足の骨や足腰が弱くなります。

元気で動き回るじきですから、しっかりと丈夫な骨を育むことができるようにバランスの取れたエサを導入し、成長をサポートしましょう。

安定鳥期(4年から6年)

インコの首には、食べ物の一時的な貯蔵場所であるそのう袋というものがあります。

そのう袋に残った食べ物が腐敗し、炎症を起こすのがそのう炎です。

そのう炎を起こすと、食べ物が取れなくなりますから、早めに病院に連れていきましょう。

高齢鳥期(6年以降)

高齢になると寒暖差に弱くなり、免疫力も落ちますからすぐに風邪を引きやすくなります。

「風邪くらいは大丈夫」と簡単に考えていると、命に関わることもありますから、注意深く見守り、必要に応じて病院に連れていくようにしましょう。

保険の選び方

現在、展開しているペット保険では、小鳥は対象外となっているものが多いというのが現状です。

ですが、いざという時に犬や猫とは違い、少々専門性の高い技術が必要とされるインコですから、治療費が犬や猫に比べて高くなる傾向もあります。

そのことを加味した上で、ペット保険加入を検討することをおすすめします。

ペット保険の選び方

ペット保険加入の際にぜひチェックすべき特徴をみていきましょう。

参考の上比較・検討してみてください。

また、自分の飼っているペットがどのような身体的特徴を持ち、どのような病気やケガに備えるべきかを理解しておくことも、大切です。

〇加入条件である設定年齢内に当てはまるか

ペット保険の選び方の第一ポイントが、加入条件の年齢制限の確認です。

加入条件には「〇〇才まで加入可能」などの条件が設定されています。

自分のペットが、その年齢に該当するかをチェックし、加入可能かを確認することからペット保険選びをスタートさせましょう。

せっかく気に入ったペット保険を見つけても、加入条件を満たしておらず加入できなくては、仕方ありません。

そのような事態を避けるためにも、ペット保険に加入するなら若いうちから入ることをおすすめします。

若いうちに加入することで、終身補償を受けることができ、保険費用を比較的安く抑えられるメリットがあります。

〇入院補償

入院補償には、日額上限や、何日以上の入院で補償されるなどの条件が設定されています。

ペット保険の選び方に迷ったら、自分たちがどの程度の補償を求めるかをよく考えましょう。

〇手術補償

大きなケガや病気をして、手術を受けることになった時に心強いのが手術補償です。

ペット保険の選び方として、大きなケガや病気に備えるか、日ごろの小さなケガや病気による通院に備えるか、というのも一つのポイントです。

手術費用は比較的大きな出費となりますから、思わぬケガや病気にも、医療費を心配せずに治療に専念することができるという点では、ニーズの高い補償となっていますが、自分たちに必要な補償かどうかはよく検討しましょう。

〇通院補償

ペット保険の中には、通院までカバーしてくれるものがあります。

入院や手術をするような大きなケガや病気ではないけれど、通院を複数回するケースもあるということを念頭において、必要な補償か否かを検討しましょう。

〇健康相談窓口

ペット保険によっては、電話やメールによる健康相談を受け付けているところもあります。

病院に行くべきか迷った時に、相談できる場所があるというのは、大変ありがたいものです。

電話やメールなら気軽に相談できるという人も、多いのではないでしょうか。

こういったサービスは、大変特徴的なものされていましたが、その高いニーズを受け現在多くのペット保険で展開しているサービスとなっています。

保険を比較・検討する際には、こちらも選び方のポイントの一つとするのもいいでしょう。

保険料、補償内容の比較表

インコが入れるペット保険のオンライン加入ならSBIプリズム少短

取扱保険会社 SBIプリズム少短
特徴 1.補償割合100%
2.各プランの保険料は年齢が上がっても変わりません
3.保障開始が早い
割引情報 福祉割引:5% 


プラン名 グリーンプランU ホワイトプランU
保険料 月払い 2,300円 1,760円
年払い 25,310円 19,400円
補償内容 入院保険金 日額5,000円まで
(年間30日まで)
日額10,000円まで
(年間30日まで)
通院保険金 日額5,000円まで
(年間60日まで)
-
手術保険金 1回30,000円まで
(年2回)
1回120,000円まで
(年2回)
診断費用保険金 年間10,000円まで 年間10,000円まで
最高補償限度額 52万円 55万円
お見積もり・お申込み
※保険会社サイトへジャンプします

3歳まで加入できる『アニコム損保』

取扱保険会社 アニコム損保
特徴 1.新規引受年齢は3歳11ヶ月まで(継続は終身可能です)


プラン名 70%プラン 50%プラン
保険料 月払い 2,820円 2,130円
年払い 30,750円 23,220円
補償内容 入院・通院保険金 日額14,000円まで
(年間20日まで)
日額10,000円まで
(年間20日まで)
手術保険金 日額14,000円まで
(年2回まで)
日額10,000円まで
(年2回まで)
お見積もり・お申込み
※保険会社サイトへジャンプします
犬(ワンコ)・猫(猫ニャン)・小動物等の種類について   犬(ワンコ)・猫(猫ニャン)・小動物等の病気について・その他
 
 

【ワンコの病気】

【猫ニャンの病気】

【コラム】

ご注意(必ずお読み下さい。)

  • ※掲載している比較内容は平成23年7月1日現在の内容です。
  • ※ペット保険を比較・検討される際は、保険料だけでなく商品内容全般についてご確認いただき、補償内容なども十分ご検討下さい。
  • ※当サイトに掲載している比較情報は、ペット保険募集代理店の株式会社エレメントが参考資料としてまとめたものです。
  • ※保険商品の全ての情報が記載されているものではありません。詳細や重要事項の説明等は、各社ホームページやパンフレットなどの商品資料よりご確認ください。
  • ※保険料は月払いの保険料を表示しております。年間一括払いのみ選択可能な保険商品は、年間保険料を12で割った月額換算の保険料を表示しております。
  • ※保険料は、お客様が選択可能なオプション特約は全て除いた上で表示しております。
  • ※保険料は、各種割引制度(多頭割引、福祉割引、WEB割引等)は適用しておりません。
  • 注)上記比較表の内容は損害保険代理店・少額短期保険代理店の株式会社エレメントが、ペット保険各社の商品を分かりやすくまとめたものです。ご契約の際は引受保険会社のパンフレット、webサイト等で商品資料をご確認の上、お申込みください。また、重要事項等の説明もあわせてご確認くださるようお願い申し上げます。

取扱い保険会社一覧

アイペット
アイペット
FPC
FPC
SBIプリズム少短
SBIプリズム少短
ペットメディカルサポート
ペットメディカルサポート
あうて
au損保
ペッツベスト
ペッツベスト
アニコム損保
アニコム損保
アクサダイレクト
アクサダイレクト
イーペット
イーペット
日本ペット少額短期保険
日本ペット
ペット&ファミリー
ペット&ファミリー

楽天少額短期保険

SBIいきいき少短

ご注意)当サイトは各社ペット保険の概要を説明しています。
ご契約の際は引受保険会社のパンフレット、webサイト等で商品資料をご確認の上、お申込みください。
また、重要事項等の説明もあわせてご確認くださるようお願い申し上げます。