ペット保険ステーション キービジュアル「ペット保険に迷ったら、ペット保険ステーション」犬と猫が並んだ写真

12社から選べるペット保険比較サイト

カメ

■カメが入れるペット保険

取扱保険会社

特徴 1.補償割合100%
2.各プランの保険料は年齢が上がっても変わりません
3.保障開始が早い
割引情報 福祉割引:5%

■ホワイトプラン

保険料 月払:1,450円
一括払:15,990円
補償内容 【入院保険金】:日額1万まで補償(年間30日まで)
【手術保険金】:一回12万まで補償(年2回)
【通院保険金】:なし
【診断書費用保険金】:年間1万円

■グリーンプラン

保険料 月払:2,250円
一括払:28,020円
補償内容 『入院も手術も手厚く補償』
【入院保険金】:日額5000円まで補償(年30日まで)
【手術保険金】:1回3万まで補償(年2回)
【通院保険金】:5000円まで(年60日まで)
【診断書費用保険金】:年間1万円

カメの歴史は長く約2億年以上前ほどに出現し、甲羅をもつ生物としてその容姿はあまり変わることなく現代に至ります。
日本ではゼニガメやミドリガメが多く流通されていましたが、近年では日本に分布しない種類のカメも飼育されています。
カメ類は細胞の代謝のサイクルが遅く、動物の中でも長寿の代表格とされています。
ゼニガメなどの水生ガメは上手に飼育できれば約20~30年ほどまで長生きするといわれています。

■カメの性格

カメは種類や育ってきた環境などによって性格が異なるようです。
元々、カメは臆病な性格なタイプがおおく、そのためコミュニケーションも慎重に行うことが必要になります。
ただ、カメの種類によって性格もだいぶ異なります。
水棲カメはわりかし活発なタイプが多く、食餌も雑食または肉食です。
自ら餌をつかまえに行くカメのタイプは活発なタイプが多いのかもしれません。
一方、リクガメは草食傾向の強い雑食なので臆病であったり、温和な性格なタイプが多いようです。
違いや程度もありますが、基本的には守備的で、少し臆病な生き物といえます。

■カメのケア

カメの甲羅には菌がつきやすく微菌だらけです。
そのため、甲羅干しをすることにより紫外線を取り入れ、綺麗な甲羅を保てることができます。
甲羅を脱皮するカメは脱皮が綺麗にできるようにする役目も甲羅干しに関係してきます。
カメの水槽はこまめに掃除をしてあげることで清潔に保ち水質汚染などの感染症を防ぐことができます。
特に春~夏場はカメも活発になり、餌もよく食べるようになるので掃除をこまめにしてあげましょう。
冬場は冬眠の季節で、冬眠期に入ったら掃除の回数は減らしてそっとしてあげることも大切です。

■病気

甲羅の病気 クル病・・・生後1年未満のカメがかかりやすい病気で、甲羅や骨の形成に必要なカルシウム不足や日光浴不足が原因で、甲羅が柔らかくなってしまったり、ゆがんでしまう病気です。カルシウムの多いえさを主食に、しっかり日光浴をさせることで治療の方向へとむかいます。
ただ、甲羅は変形してしまうと元に戻らないので注意が必要です。
ハーダー氏腺炎・・・クル病と並んで多い病気の1つで、孵化一年未満のカメに多く見られます。ビタミンAの不足が原因でカメのまぶたが腫れてしまい、眼球が飛び出したり、目が開かなくなってしまい、段々と元気がなくなりえさも食べれなくなり死に至ってしまいます。
この症状が現れると治すのは難しいといわれています。
日常的に総合ビタミン剤かビタミンAを餌に混ぜて与えてあげるとよいでしょう。
水生菌による皮膚病・・・カメの手足や皮膚に白くフワフワとした綿のようなものが付着する病気で、放置しておくと甲羅以外の皮膚の全身に広がってしまいます。
カメの皮膚の傷ついた部分に水生菌が寄生することによって起こる病気で、1度取り付くとなかなか厄介でとりにくい菌です。
予防としては水の入れ替えを頻繁にして菌の繁殖をさせないことと、傷を見つけたら早急に処置をしてあげることです。
カメが健康で水温が28度以上であればカビ菌が発生することはありません。
外部寄生虫症・・・屋外で飼育している水生カメの場合、皮膚には色々な寄生虫がくっつきます。カメの皮膚に寄生虫がくっついていると肉眼で見てもわかります。
寄生虫を見つけたら片っ端からピンセットで取り除いてあげましょう。皮膚に食い込むタイプの寄生虫の場合は取り除いた後に消毒をしてあげてください。

取扱保険会社

  • アイペット
  • アクサダイレクト
  • アニコム
  • FPC
  • プリズムコール
  • PS保険
  • au損保
  • ペッツベスト
  • ガーデン
  • 楽天
  • ペット&ファミリー
  • 楽天

運営者情報

ペット保険ステーション キービジュアル「ペット保険に迷ったら、ペット保険ステーション」犬と猫が並んだ写真

Copyright © 2011 ELEMENT insurance. All Rights Reserved