10周年

2021年オリコン顧客満足度(R)ランキング ペット保険 ランキング第1位

ペットメディカルサポート株式会社

インターネットお申込み

資料請求

PS保険キャンペーン

対象期間

2022年5月2日(月)~2022年6月1日(水)

対象商品

当webページで募集するペットメディカルサポート株式会社の商品

キャンペーン内容と対象者

対象期間中にPS保険へご成約をいただいた方を対象に、抽選で2名様に パナソニック エアーマッサージャーレッグリフレ をプレゼント

【抽選対象条件】
・景品発送日時点でお申込みが成立しており、かつ、解約されていない方

景品の発送時期

2022年8月末までにペットメディカルサポート株式会社より順次発送いたします。

PS保険の特長

各種ランキングで入賞・受賞「選ばれているペット保険」

PS保険

PS保険は、実際にペット保険を利用(加入と保険金の受取り)されたお客さまから高い評価を頂いています。
2021年オリコン顧客満足度®ランキング ペット保険において第1位を受賞しました。

ネット通販型のペット保険だから『手厚くて安い』

インターネット販売に特化し、販売にかかるコストをおさえることで、「業界最高クラスの補償」と「業界最安クラスの保険料」を同時に実現しています。
PS保険 PS保険は、『生涯にわたって保険料が安い、そして補償内容が充実している、だから安心して長く続けられる』というペット保険をコンセプトとしています。

業界最高クラスの補償内容

獣医師・統計・保険のプロが集まり、おてごろな保険料でも「実用的で困ったときに頼れる充実した補償の保険」を設計しました。
通院・入院・手術、さらに車イスの補償、すべて合わせて年間(※)最大110万円の手厚い補償のペット保険です。
実用的な退院補償つきです。
PS保険は手術や入院をしなくても1日の通院から補償します。
ちょっとしたケガや病気の際の通院でも保険金を受け取ることができます。
PS保険の保険金支払いの約8割が通院補償です。(2020年度実績)
また、1日単位での上限金額もありません。

歯科治療も補償の対象

ぺットの保険金請求でトップクラスに多いのが、歯周病の治療費です。
この歯科治療が補償の対象になっていないペット保険が多くありますが、 PS保険では歯科治療も補償の対象となっているので安心です。

手術をしていなくても補償される

ペット保険で手術・通院・入院の3つ全てを補償しますというものは最近意外と多いです。しかし、通院や入院の補償については手術を含む入院、通院の場合と制約がついている場合が多くあります。
PS保険の場合、そういった制約なく通院も入院も補償します。 1日から補償されるので、風邪をひいて大事を取って1日入院というときでも保険が適応されちゃうんです!

大きな問題はなくても体調を崩しやすい子の場合とっても安心ですね。

車イスの費用を補償

PS保険では事故で歩行が困難になった際に車イスなどの装備・装具の費用を100,000円まで補償いたします。
ペットの車椅子など認知度は上がっていますが、それを補償するペット保険はなかなかありません。もしもの時少しでも暮らしやすい環境を整えられるように助けてもらえるのはありがたいですね。

PS保険

獣医師に直接電話で無料相談できる

PS保険では、24時間365日経験豊富な獣医師による無料電話相談サービス「獣医師ダイヤル」をご提供しています。
いつでも健康状態について気軽に相談できるから、早期発見早期治療にもつながります。
また、健康状態だけでなく、しつけや問題行動などについても気軽に相談できるので、ホームドクターがいるみたいで安心できます。

※ 通話料はお客さまのご負担となります。

インターネットお申込み

資料請求

補償内容・契約条件

PS保険のペット保険申込可能動物

犬猫小動物鳥爬虫類

保険の対象になる動物が、家庭で愛玩用として飼育されている犬又は猫であること。
※身体障害者補助犬法(平成14年法律第49号)第2条(定義)に定める身体障害者補助犬(盲導犬、介助犬、聴導犬)を含み、興行用、闘犬、賭犬、猟犬は含みません。

PS保険のペット保険保有プラン

「50%補償プラン」

補償割合 50%
年間最高補償額 110万円
通院(日額上限) 10,000円
通院(限度日数) 20日まで
入院(日額上限) 20,000円
入院(限度日数) 30日まで
手術(上限/1回) 100,000円
手術(限度回数) 2回まで※2

「70%補償プラン」

補償割合 70%
年間最高補償額 110万円
通院(日額上限) 10,000円
通院(限度日数) 20日まで
入院(日額上限) 20,000円
入院(限度日数) 20日まで
手術(上限/1回) 100,000円
手術(限度回数) 2回まで※2

「100%補償プラン」

補償割合 100%
年間最高補償額 110万円
通院(日額上限) 10,000円
通院(限度日数) 20日まで
入院(日額上限) 20,000円
入院(限度日数) 30日まで
手術(上限/1回) 100,000円
手術(限度回数) 2回まで※2

※1 「年間」とは、一保険契約期間のことをいいます。支払限度日数(回数)は一保険契約のものとなります。一保険契約期間の範囲については重要事項説明書をご覧ください。

※2 2回目の手術は1回目と異なる原因に限ります。

PS保険のペット保険の特約

ペットセレモニー費用(火葬費用等担保特約)

3万円までお客様が負担した火葬費用などを補償します。(任意セット)

車イス補償(QOL維持費用担保特約)

10万円まで補償します(自動セット) ※本特約は病気は対象外です

PS保険のご契約条件

加入できる動物種は犬猫のみで、どちらも生後30日以上満9歳未満で新規加入ができます。この年齢の間に加入したら継続は一生涯行うことができます。
治療中の病気があったとしても、一過性のものですぐ直るもので再発しないなど一定の上限を満たせば加入することができる場合があります。ただ、その疾患に関してPS保険では補償の対象外となりますのでご注意ください。

お支払い事例

ケース1

トイプードルの写真
種類 トイプードル
加入プラン 100%補償プラン
年齢 0歳
症状 ソファーから飛び降りた際、着地に失敗し、前足を引きずっていた。
結果 骨折
治療費 244,500円

100%補償プランなら治療費244,500円を全額自己負担のところ、自己負担額0円に。

ケース2

ミニチュア・ダックスフンドの写真
種類 ミニチュア・ダックスフンド
加入プラン 70%補償プラン
症状 立ち上がることができなくなり、抱き上げると「キャン」と鳴いて痛がった。
結果 椎間板ヘルニア
治療費 276,500円

70%補償プランなら治療費276,500円を全額自己負担のところ、自己負担額82,950円に。

お客様の声

女性のアイコン
M様(東京都在住)
ペットの種類 イタリアングレーハウンド
加入プラン 50%補償プラン
加入のきっかけ 友人の犬が椎間板ヘルニアで高額な支払いがあったと聞いたため。

ペット保険の存在自体は周りのお友達から聞いてしていましたが、健康体のうちの子にとって保険は遠いものだと思っていました。
あるときお友達のお家のワンコが椎間板ヘルニアになって何十万もかかったという話をきいて改めて保険を再検討してお守り代わりになればと思い、保険料が手頃だったPS保険の年払い50%プランをえらびました。
予防接種以外では病院に行った事がない子が、散歩の時に電信柱に足の爪を引っ掛けて爪が剥がれてしまったのです。幸いケガ自体は大したことはなかったのですが、4日の通院で2万円近くかかってしまいました。
それでも50%プランに加入していて半分戻ってきたのでお守り以上の効果があって得した気分でした。
今ではペット保険に加入していない友達に、自分の経験談を話して保険料が手頃なPS保険に入った方が得だよと話しています。

女性のアイコン
S様(東京都在住)
ペットの種類 狆(チン)
加入プラン 100%補償プラン
加入のきっかけ 以前飼っていたペットの治療費が高額だったため。

元気で食いしん坊な子で、動きも活発なので怪我をしないかヒヤヒヤしていると、保険加入後1ヶ月経った時に事件が起こりました。
いつもは拾い食いをしないように部屋を掃除していましたが、たまたま落ちていた金属片をご飯と間違えて食べてしまったのです!!
びっくりしてすぐに獣医さんに診てもらいましたが、腸に引っかかってしまう可能性もあるので手術をしようと言われたのです。
この動物病院にはたまたまカ テーテルで取り出すのを得意としていた為開腹には至りませんでしたが、やはり高額な出費となりました。
命には代えられないことで、元気な姿を見れたのはうれしかったのですがやはり7万円は急な出費としては大きく、その後の経過観察での通院で総額10万円かかりました。
しかし100%プランに加入していたので、手術代・通医院代金ともに限度額いっぱいまで対象になりこんなに早くお世話になるとはと恐縮してしまいました。
年を取ってからじゃないと使う機会はないかなぁと思っていましたが実際若くてもお世話になる事があり改めてペット保険の必要性を感じました。

女性のアイコン
女性(30代)
ペットの種類 三毛猫・アメリカンカール
加入のきっかけ 多頭なため、保険料の安さが絶対条件だった。

猫は尿石症になりやすいと聞いていたので、保険を検討しました。
多頭なので、保険料の安さが絶対条件でPS保険を選びました。
まだ、健康で請求をしたことはないけれど保険料が安いし診断書もいらないところがいいですね。

PS保険のペット保険・動物保険を検討している方へペット保険お役立ち情報

他にもペットに関するコラムを読む