ペット保険ステーション キービジュアル「ペット保険に迷ったら、ペット保険ステーション」犬と猫が並んだ写真

高齢でも加入できるペット保険比較

シニア専用のペット保険登場 アニコム損保

ペットの長寿・高齢化時代
を迎えて

医療の発達とともに、ペットの高齢化も進んでいます。

犬の平均寿命は約14年、猫の平均寿命は約15年と、ここ30年で寿命は約2倍に延びました。

その反面、免疫力や体力の低下に伴う病気やケガのリスクが高まり、医療の高度化により飼い主の医療費負担が増加する傾向にあります。

そんな時に強い味方となるペット保険を選ぶ際のポイントについて見ていきましょう。

高齢ペットがかかりやすい
病気やケガの治療費用

高齢となったペットがかかりやすい病気やケガ、それに対する治療費用はどのくらい必要なのでしょうか。

ペットの種類や、体の大きさによって治療費は異なり、ご紹介している数字は平均的な治療費の目安です。

実際に治療を受ける際には、動物病院にあらかじめ症状、費用を確認の上、適切な治療方法を決めてください。

病気やケガの種類 症状 費用
ガン しこり、イボ
食欲・体重低下
咳・呼吸困難
鼻血・鼻詰まり
嘔吐・下痢
痙攣発作
ふらつき・麻痺
※犬や猫の死因の中でも大きな割合を占める
・手術
15万円以上
・抗がん剤治療
2〜3万円(1回)
・放射線治療
1万〜5万円
・入院費用
2000〜5000円程(1日)
糖尿病 多飲多尿
痩せてくる
※不足しているインスリンを補うための治療も必要
・インスリン注射
7000円〜1万円(1ヶ月)
・食糧法食
8000円程度(1ヶ月)
※インスリンは、症状によって投与する量が異なりますので、あくまで目安
骨折 足を引きずる、痛がる
歩行障害
腫れ
・手術
10〜20万円(入院費含む)
・ギブスで固定した場合
3〜5万円
椎間板ヘルニア 痛み、麻痺(脊髄圧迫)
歩行困難
運動失調
排尿・排便が困難
・通院治療の場合
5000〜1万円(1日)
・入院治療の場合
3〜5万円
・手術の場合
30〜50万円
※ヘルニア治療に関しては、レーザー治療の場合は進行の度合いにもよりますが通院治療、入院治療を選ぶことも可能
白内障 眼球が白く濁る
視力の低下
歩行困難
物や壁にぶつかる
※糖尿病が原因の場合もある
・通院の場合
1〜2万円(1日)
・手術の場合
30〜50万円

高齢ペットの病気や
ケガに潜むリスク

高齢になると、ペットもさまざまな理由からケガや病気などのトラブルに見舞われやすくなります。

白内障が原因で歩行が不自由になり、ケガにつながることや、病気が原因で免疫が低下し、他の病気を併発するケースや、寝たきりになってしまうことも珍しくありません。

ひとつの病気やケガがきっかけとなり、ペットの生活すべてを脅かすようになるのは、恐ろしいことです。

若いうちの病気やケガは、ペット自体の免疫力や体力が十分にあるため、比較的早期の回復を期待することができます。

ですが、高齢なペットであればあるほど、ひとつの病気やケガがきっかけとなり、寝たきりになるなどのリスクは高まり、高度な治療をすればするほど、医療費は跳ね上がります。

ペットの受診は全額自己負担

ここでひとつ、注意しておかなくてはいけないことがあります。

いかなる治療を選んだ場合でも、動物病院への通院は全額自己負担になる、ということです。

人間とは違い、医療保険がないため、ペットの治療に掛かる費用はすべて飼い主負担となります。

愛するペットのため、とは言え、治療費は先ほどの表からも分かるようにかなり大きな額です。

動物病院によって治療費も異なりますので、動物病院の選び方もポイントといえるでしょう。

ペット保険加入の必要性

ペットに対する医療は近年非常に発達しており、ガンなどの大病を患っても生活の質「QOL(Quality of Life)」を保つことが可能となってきました。

どのような治療を行うことが、愛するペットにとって最善の方法か、動物病院の医師とも十分相談し、家族でよく検討した上で、治療方針を決めることが大切です。

そんな時に、全額自己負担ではなく、何割か補償してくれるペット保険の存在は大きな助けとなります。


ただ、ペット保険は選び方が難しく、加入には人間と同様にいくつかの条件が設定されています。

高齢になってから新規加入を検討しても、加入できる保険の種類がごく限られることも珍しくありません。

7歳以上になると、加入できる保険の種類が減り、保険料が高くなり、既往歴によっては加入すること自体が難しいこともあります。

リスクに備えて、若く健康なうちに保険加入を検討することで、保険料を抑えることができるなどのメリットがあります。

高齢ペットの健康管理

ペットも高齢になると、日常生活から体への負担が生じます。

若いうちはなんともなかった段差などが、足腰への負担になっている場合も少なくありません。

普段からそういった負担を取り除いてあげることが大切になります。

犬の場合には毎日の散歩も、年齢に合わせ距離やコースを調整すると良いでしょう。

また、定期的な健康診断を受けることもオススメします。


高齢ペットの場合には、若いころと比べ必要な栄養バランスが異なる為フードの切り替えも重要になります。

高齢ペットには低カロリーのシニア用フードを選ぶようにしましょう。

切り替え時期は一般的に7歳頃からといわれています。

「無香料・無着色・保存料」不使用の国産無添加ドッグフード

いぬひかり+ 国産無添加のドッグフード 今だけ定期購入で20%OFF

ペット保険加入の条件

保険加入には、具体的にどのような条件が必要となるのでしょうか。

まずは、保険会社で実際に規定されている条件を比較していきましょう。

規定条件

  1. 生後45日以上であり、満7歳以下
  2. 生後120日以上であり、満9歳未満
  3. 満7歳11ヶ月まで
  4. 満12歳11ヶ月まで
  5. 満13歳まで加入可能

(ただし、満9歳以上の場合は健康診断の受診が必須)

ペット保険の新規加入と継続の違いとは

先述した年齢のうちに保険に加入した場合は、生涯補償を受けられるのでしょうか。

近年、医療の高度化やペットの高齢化に伴い、加入後に新規加入対象年齢の上限に達しても、保険料の増減はあっても継続して保険に加入し続けることができる商品が増えています。

一度、ペット保険に加入をしておけば、終身補償を得ることができる、ということです。

ペット保険加入には告知義務も

保険に加入するためには、告知義務があります。

ペット保険加入の際には、年齢制限をクリアしているだけでなく、原則として健康であることが大前提となります。

既往歴があっても、申告して一定の条件をクリアできれば、保険料などの条件が多少変わっても加入可能なものもありますので、安心してください。

また、一定の年齢以上の加入条件として、健康診断受診が必須となるケースもあります。


審査結果によっては、加入を断られるケースや、特定の病気に関しての保険金支払いが対象外とされることもありますので、しっかりと確認しましょう。

比較すべきポイント

ペット保険に加入する際には、保険料、条件はもちろん、しっかりと補償内容などを比較・検討するようにしましょう。

人間の保険でも選び方に悩むのに、悩んでしまうこともあると思いますが、ここは理解しておくことが大切です。

ペット保険の選び方

保険の選び方としては、加入条件をクリアしている保険をピックアップした後で、保険を比較することが必要です。

自分たちにとってどのようなポイントが重要になるかを考え、比較し、優先順位をつけた上で加入保険を決めるのが、選び方のポイントといるでしょう。

保険料

継続することを考えると、保険料も大切な比較ポイントです。
1歩上、ただ単に保険料が安いことだけを重視すると、いざという時思っていたよりも補償してもらえない事態に陥りかねません。
補償内容や特約などをチェックしておきましょう。

犬種や猫種によってかかりやすい病気を把握すること

自分のペットがかかりやすい病気を把握し、その病気に対してどのような診察や治療が必要かを検討し、必要となる補償内容を確認しましょう。

ライフステージによって保険を見直す

ライフステージによって、健康リスクは変わってきます。
高齢化に伴い抱えるリスクを想定し、最適と思えるペット保険を比較検討しましょう。

選び方のポイントは
保険料、補償内容

ペット保険の選び方として、外せないポイントは保険料、補償内容です。

窓口精算可能なペット保険アイコン

アニコム損保

どうぶつ健保しにあ

しにあ
50%プラン
しにあ
70%プラン
保険料
(月払)
---円 ---円
▼ もっと見る

アニコム ペット保険どう選ぶ?

しにあ
50%プラン
しにあ
70%プラン
年最高
補償額
40万円 56万円
補償割合 50% 70%
窓口精算
通院日額
上限
- -
入院日額
上限
10,000円 14,000円
手術上限
金額
手術:100,000円 手術:140,000円

アニコム損保の保険詳細はこちら

窓口精算可能なペット保険アイコン

アイペット

うちの子プラン

キャンペーン実施中

うちの子50%プラン うちの子70%プラン
保険料
(月払)
---円 ---円
▼ もっと見る

アイペット対象者全員プレゼントキャンペーン

うちの子50%プラン うちの子70%プラン
年最高
補償額
72.8万円 122.4万円
補償割合 50% 70%
窓口精算
通院日額
上限
12,000円 12,000円
入院日額
上限
12,000円 30,000円
手術上限
金額
100,000円 150,000円
新規加入可能年齢
WEB
契約
犬:12歳11か月まで
猫:12歳11か月まで
資料
契約
犬:12歳11か月まで
猫:12歳11か月まで

アイペットの保険詳細はこちら

au損保

ペット保険

50%コース
(通院ありタイプ)
70%コース
(通院ありタイプ)
保険料
(月払)
---円 ---円
▼ もっと見る
50%コース
(通院ありタイプ)
70%コース
(通院ありタイプ)
年最高
補償額
70万円 98万円
補償割合 50% 70%
窓口精算 × ×
通院年額
上限
20万円 28万円
入院年額
上限
50万円 70万円
手術上限
金額
手術:50万円 手術:50万円
新規加入可能年齢
WEB
契約
犬:10歳まで
猫:10歳まで
資料
契約
犬:10歳まで
猫:10歳まで

ペッツベスト

セレクトBEST

セレクトBESTフィット60%プラン セレクトBESTワイド80%プラン
保険料
(月払)
---円 ---円
▼ もっと見る
セレクトBESTフィット60%プラン セレクトBESTワイド80%プラン
年最高
補償額
50万円 100万円
補償割合 60% 80%
窓口精算 × ×
通院日額
上限
■1日の補償金額に制限はありません。
※保険期間中の年間補償限度額内であれば
■1日の補償金額に制限はありません。
※保険期間中の年間補償限度額内であれば
入院日額
上限
手術上限
金額
新規加入可能年齢
WEB
契約
犬:13歳未満
猫:13歳未満
資料
契約
犬:13歳未満
猫:13歳未満

ペッツベストの保険詳細はこちら

インターネット申込で10%割引

日本ペット

プラチナプラン

キャンペーン実施中

プラン50 プラン70
保険料
(月払)
---円 ---円
▼ もっと見る
プラン50 プラン70
年最高
補償額
50万円 70万円
補償割合 50% 70%
窓口精算 × ×
通院日額
上限
※保険期間中の保険金支払限度額50万円内であれば保険金の支払い回数や一回の金額に制限なし ※保険期間中の保険金支払限度額70万円内であれば保険金の支払い回数や一回の金額に制限なし
入院日額
上限
手術上限
金額
新規加入可能年齢
WEB
契約
犬:満11歳未満
猫:満11歳未満
資料
契約
犬:満11歳未満
猫:満11歳未満

日本ペットの保険詳細はこちら

高齢ペット関連コンテンツ
元気に走る犬

ペットの「シニア(高齢)」ボーダーラインは何歳?

嬉しそうな犬

パピーとシニアの必要補償を徹底比較

寝転ぶ犬

高齢のペットのための保険選びのPOINT

ペットお役立ち情報

並んで餌を食べる犬と猫の写真

国産無添加ペットフード「いぬねこひかり」

全てのペットオーナー様をサポートしたい。国産無添加いぬねこひかりは、そんな想いから生まれました。「無香料・無着色・保存料不使用」

並んで寝転ぶ犬と猫の写真

ペット情報満載「わんにゃん王国」

ペットライフの役立つペット豆知識・おもしろコンテンツなど、ペットとの毎日が楽しくなるような情報が満載です。

取扱保険会社


運営者情報

ペット保険を60秒で診断 カンタン操作で最適なプランが見つかる