ペット保険ステーション キービジュアル「ペット保険に迷ったら、ペット保険ステーション」犬と猫が並んだ写真

12社から選べるペット保険比較サイト

膀胱炎はペット保険で補償される?

猫

誰でもなる病気にこそペット保険で安心を
遺伝子関係なくなる可能性があるのが膀胱炎です。猫ちゃんに特に多いですが、ワンちゃんでもなります。一般的に細菌が入って炎症を起こすことによっておこる場合がほとんどです。そのため尿道が短い雌の方がかかりやすい傾向にあります。ストレスによって抵抗力が弱っているとなりやすくなるため、ペットホテルに預けた、手術をしたといった時は特に注意が必要です。

細菌感染だけでなく膀胱結石ができていることによって炎症を起こすこともあります。水を飲まなかったり、自由に排尿できないためにおこることがあります。

これらの原因を根本的に取り除かなければ再発してしまいます。生活習慣を変えてあげる必要が生じる場合があるので、再発しやすい傾向にあります。

膀胱炎の症状

どの様な状態になったら膀胱炎を疑い、病院に連れていけばいいのでしょうか?

まず元気がなくなります。食欲がない代わりに水をたくさん飲むようになります。トイレの回数が増えますが、トイレに行ってもなかなか排尿できないのでトイレにとどまるようになります。
尿の色が濁るので色の薄いペットシーツなどを使い日頃から尿の色を見るようにしましょう。猫ちゃんの場合も猫砂がいつもと異なる色でないか注意しましょう。
炎症を起こしているので、尿のにおいが強くなります。これらの症状が重なった場合、膀胱炎の可能性があります。元気がなく、トイレの時いつもと違う感じがしたら泌尿器に問題があるかもしれないのでなるべく早めに病院へ向かいましょう。

膀胱炎の治療

まず尿がどういう状態かを調べます。菌がるのか、いるとしたら何か?結石はできていないかなどです。その次にその原因に合った薬を投与します。細菌だけの場合は2~3週間程度の投薬で終了する場合があります。こうした通常の治療の場合完治まで1万円程度はかかると思われます。

結石ができている場合は、食べ物などを変えて医師になる成分を体内に入れないようにしなければなりません。そのため一生が食事療法を行うこともあります。

また、原因がどっちであったとしても生活習慣を変えなければ再発してしまいます。

場合によっては手術も

膀胱炎の原因である結石の中には、食事療法ではとかせないものがあります。大きくて自然に排出できないときは手術が必要となります。手術をしても半年置きなど定期的に再発の危険はないか診察する必要があるので、治療費がトータル10万以上になる事も珍しくはありません。

膀胱炎なんて薬を飲めば治るじゃないかと思われるかもしれませんが、一筋縄ではいかない場合もあるので備えておく必要があります。

膀胱炎はペット保険で補償されるの?

基本的には補償されます。ただ直接的な費用でないと補償されないことがあるので注意が必要です。もし療法食が必要な場合、入院中のものは補償されるけど退院してから自宅で与えるものは対象外という場合があります。療法食そのものが対象外の場合もあります。

膀胱炎そのものの治療に関しては補償されることがほとんどかと思います。

しかし、注意したいのが保険を乗り換えたいと思っている場合もう膀胱炎に関しては一度かかってしまった疾患なので補償されなくなってしまう場合がほとんどであるということです。新しい保険で補償されなくても大丈夫と思われるかもしれませんが、再発する可能性が高い疾患なので乗り換えの時などはよく考えてから行いましょう。

ご注意(必ずお読み下さい。)
※掲載している比較内容は平成29年4月24日現在の内容です。
※ペット保険を比較・検討される際は、保険料だけでなく商品内容全般についてご確認いただき、補償内容なども十分ご検討下さい。
※当サイトに掲載している比較情報は、ペット保険募集代理店の株式会社エレメントが参考資料としてまとめたものです。
※保険商品の全ての情報が記載されているものではありません。詳細や重要事項の説明等は、各社ホームページやパンフレットなどの商品資料よりご確認ください。
※保険料は月払いの保険料を表示しております。年間一括払いのみ選択可能な保険商品は、年間保険料を12で割った月額換算の保険料を表示しております。
※保険料は、お客様が選択可能なオプション特約は全て除いた上で表示しております。
※保険料は、各種割引制度(多頭割引、福祉割引、WEB割引等)は適用しておりません。

関連ページ

ペット保険は椎間板ヘルニアを補償してくれる?

外耳炎はペット保険でカバーできるか?

歯周病など歯の病気は補償されるか?

取扱保険会社


運営者情報